TOP > > 糖尿病の方は足のケアもかかさないで!靴擦れが原因で壊疽もあり

糖尿病の方は足のケアもかかさないで!靴擦れが原因で壊疽もあり

糖尿病で高血糖な状態が続いていると、いろいろな合併症を引き起こしやすくなります。糖尿病の合併症としては網膜症、腎症、神経障害が代表的ですが、それ以外にも注意が必要なものがあります。

そのひとつが足の病変です。糖尿病の人は靴擦れのような小さな傷も見逃さないようにし、きちんとケアするようにしていかなくてはいけません。

靴擦れが原因で足切断に?!

糖尿病の人は足の小さな傷にも注意が必要です。靴擦れや深爪、水虫、ちょっとした怪我など、健康な人なら何でもないような小さな傷がなかなか治らずに悪化してしまうことがあるのです。

悪化して感染してしまうと潰瘍になってしまうこともあります。でも糖尿病の人は痛みを感じにくくなっているため、悪化に気づきません。そのまま重症化し、足の異変に気づいて医療機関を受診したときには手遅れになっていることもあるのです。

重症になると病院に長期入院しての治療が必要になります。それでも潰瘍が進行して壊疽となってしまうと、残念ながら最終的には足を切断するしかなくなってしまいます。

靴擦れのような、よくある小さな傷が原因で足切断に至ることもあるのです。

糖尿病だと、なぜそんなに悪化してしまう?

糖尿病で高血糖状態が続いていると、体には様々な障害が出てきます。それらが互いに悪影響を与え合って、傷は悪化していきます。

まず、糖尿病では神経障害が起きています。高血糖が続くことで神経組織がダメージを受け、しだいに足先の感覚が低下していくのです。傷があっても痛みを感じなくなり、気づけなくなってしまいます。

また血流障害も起きています。血流が悪いと酸素や栄養が届きにくくなり、傷は治りにくく潰瘍などになりやすくなります。白血球の働きも悪くなり、免疫力が落ちて感染しやすくなってしまいます。

そして汗をかきにくい状態にもなっています。そのために皮膚は乾燥しやすくなり、感染を防ぐ能力が低下しています。

これらのことが重なって、小さな傷はどんどん悪化して潰瘍となり、場合によっては壊疽になって切断しなくてはいけない状態にまでなってしまうのです。

日常生活での足のケア

小さな傷を悪化させてしまわないために、普段から足のケアを心がけてください。気になること、わからないことがあれば医療機関へすぐに相談するようにしましょう。そして、一番大切なのは日頃の血糖コントロールを良好に保つことであるのを忘れないでください。

毎日、足のチェックをする

足はいつも清潔に保つようにし、毎日チェックをしてください。傷があっても痛みなどを感じにくくなっているため、きちんと見て確認しましょう。指の間も忘れないでください。そして傷や水泡などの異常を見つけたら、すぐに主治医に相談しましょう。

足にあった靴を履く

合わない靴は靴擦れになったり血行が悪くなります。新しい靴は長時間履かないようにし、ヒールのある靴は止めておきましょう。水虫予防のためにも、通気性の良い靴がよいでしょう。

素足で歩くのは避ける

素足では思わぬ怪我をしてしまう可能性があります。

爪を正しく切る

深爪をしないようにしましょう。巻き爪などがあれば、医師に相談してください。

やけどに注意する

糖尿病患者は熱さなども感じにくくなっています。入浴時には必ずお湯の温度を確認してください。こたつやストーブでの低温やけどに気をつけてください。アンカや湯たんぽは使わないほうがよいでしょう。

禁煙する

タバコは末梢の血流を低下させて、傷をより悪化させてしまいます。なるべく禁煙した方がよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る