TOP > > しびれや違和感を放置しないで!糖尿病の感覚障害で足切断もあり

しびれや違和感を放置しないで!糖尿病の感覚障害で足切断もあり

なんとなく足がしびれる、、、糖尿病になって血糖コントロールの悪い状態が続いていると、こんな症状が出てくることがあります。

この時、しびれくらいたいした事ないとそのまま放置してしまうと、後々大変なことになってしまいます。このまま進行してしまうと、場合によっては足を切断しなくてはいけないこともあるのです。どうしてそんなことになってしまうのでしょうか。

高血糖が神経障害を引き起こす

糖尿病になってもきちんと治療をせずに血糖値が高い状態が続いていると、様々な合併症にかかりやすくなります。三大合併症の中でも最も早く、高い頻度でかかりやすいのが糖尿病神経障害です。

これは高血糖な状態が続いたことで感覚神経、運動神経、自律神経が正常に働けなくなる病気です。最初は足先に何となく変だなという程度のしびれを感じます。まさかその原因が糖尿病とは気付かず、そのまま放っておかれることも多くなります。

この時に気付いて治療を始めていれば改善していけるのですが、発見が遅くなるにつれて完治させるのは難しくなってしまいます。

足先のしびれが徐々に広がって、、、

感覚神経の障害によってまず現れる症状は足先のしびれ、違和感、痛みです。特に夜間に強く感じるようになります。他に足が冷える、逆に足の裏がほてるため布団から出して寝る、足の裏に紙が貼り付いている感じがするなどといった症状が出てきます。

そして足先だけだった症状は徐々にひざ下、足全体、手へと広がっていきます。特徴としては左右対称に症状が出るということです。片足、片手だけではなく、両足、両手で症状が出てしまいます。

足に虫が這うような感じが出たり、寝ている間に足がつりやすくなったりということもあります。進行するにつれて今度は手足の感覚が鈍ってきます。今まで感じていたしびれや痛みを感じなくなってくるのです。

何の治療もしてないのにしびれや痛みがなくなったのは治ったわけではありません。症状が進行して、神経が完全に損傷してしまったのです。

感覚が鈍ってヤケドやケガに気付けない

感覚障害が進行して足の感覚が鈍ってくると、健康な時には考えもしなかったような新たな問題が発生します。感覚が鈍っているため、ヤケドやケガをしてもそれに気付けなくなるのです。

お風呂が普通より熱くても、足の感覚が鈍いと熱いと感じられません。そのままヤケドしてしまうこともあるのです。温度が感じられず低温ヤケドの危険も大きくなります。ケガをしても痛みを感じないので気付かず、知らないうちに悪化していることもあります。

糖尿病患者は傷が治りにくく感染もしやすい状態です。ちょっとしたヤケドやケガがなかなか治らず、感染して化膿し、そのまま潰瘍、壊疽へと進んでしまうこともあるのです。そうなると、最終的には足を切断するしかなくなってしまいます。

こんな最悪の状態を避けるためにも、日常生活のひとつひとつを今までとは違う視点で確認して行なっていってください。例えば、お風呂に入る時にはお湯の温度を確かめてから入る、低温ヤケド予防のために湯たんぽやあんかを一晩中は使わないようにする、こたつで寝ないなどといったことです。

ケガにも気をつけるようにし、大丈夫だと思っていてもまめに足をチェックするようにしましょう。もしもちょっとした傷でも見つかった場合には、すぐに医師に相談して下さい。自分が思っている以上にヤケドやケガが治りにくく、壊死してしまう危険もあることを忘れないでください。

そして神経障害の予防に一番大切なことは血糖コントロールであることも忘れないでください。血糖値が安定していれば神経障害やその他の合併症のリスクも減らせます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る