TOP > > 【サバの水煮で糖尿病を治す】食事はサバ缶食べてGLP-1大放出

【サバの水煮で糖尿病を治す】食事はサバ缶食べてGLP-1大放出

去年、テレビで「サバの水煮を食べると痩せられる」という話題が番組で放送されると、一時的にスーパーからサバ缶が消えるという事態が発生しました。今更ながらメディアの影響力の凄さと、ダイエットへの意識の強さを感じる出来事でした。

実はこのサバ缶、痩せられるだけでなく、糖尿病に最高にいいのです。今回は美味しいサバ缶での糖尿病対策を紹介します。

サバ缶が糖尿病に効果がある理由

サバ缶が糖尿病に効くのは、サバの中に含まれる「EPA」というホルモンのおかげです。EPAは正式には「エイコサペンタエン酸」といい、魚の脂肪の中に含まれている不飽和脂肪酸のことです。

イワシやサンマなどの青魚に多く含まれていますが、特にサバに一番多く含まれています。このEPAは、痩せる効果があるホルモンとして話題になっていますが、実は、糖尿病の治療にも大きな効果が期待できます。

EPAはどうやって糖尿病を改善するか?

EPAは糖尿病を改善するために役立ってくれますが、EPA自体が直接的に改善効果をあげるわけではありません。EPAは小腸から分泌される「GLP-1」というホルモンの分泌を促進させる働きがあります。

そしてこのGLP-1が、糖尿病を改善してくれるスーパーホルモンなんです。このGLP-1は体内で生成されるホルモンで、食物によって体外から摂取することができません。そのためEPAの存在なくしては、GLP-1を増やすことはできないのです。

凄すぎるGLP-1の働き

GLP-1はインクレチンというホルモンの一種で、インスリンの分泌を促進してくれます。インスリンは、高すぎる血糖値を下げてコントロ-ルしてくれます。また血糖値をあげることで知られるグルカゴンというホルモンの分泌を抑えてくれます。

GLP-1は素晴らしい働きをしてくれますよね。糖尿病治療にこれほど適したホルモンはありません。そのため糖尿病の治療にも多く使用されています。天然のGLP-1は薬剤にはできないため、似た作用を持つ薬剤が開発されています。

しかし、こうした薬には少なからず副作用があるようです。やはりサバ缶を食べて天然のGLP-1で勝負したいですね。GLP-1には、この他にも胃の内容物を腸の方へ排出させたり、食欲を抑えたりする働きがあります。これが今評判のダイエット効果であり、痩せホルモンとも言われるゆえんです。

<GLP1の働き一覧>

  • インスリンの分泌を大幅に促進する
  • 高すぎる血糖値を下げて、一定にコントロールする
  • 胃の内容物を排出する
  • 満腹中枢を刺激することで、食欲を抑える

サバ缶を食べて糖尿病をやっつけろ

サバ缶を食べて、GLP-1を大量放出して糖尿病をやっつけましょう。もちろん糖尿病の改善だけでなく、予防としても最適です。生のサバを料理してもいいのですが、毎日食べ続ける事を考えると、サバ缶は本当に便利です。

調理してもいいですが、そのまま食べられるお手ごろ感がたまりません。私のように料理ができない、その前にめんどうくさいと思う人には最高です。しかも、そのまま食べても美味しいですしね。サバ缶なら、たとえば青汁のように「健康のために我慢して飲む、食べる」というスタンスではありませんし、継続することに苦痛がないのではないでしょうか。

それと、サバ缶と一緒に食物繊維を一緒に摂るのがお勧めです。GLP-1は小腸の最後の方から分泌されるので、その部分を刺激することでも分泌が促進されます。食物繊維は消化されにくいため、そこまで到達して刺激することができます。

サバ缶は「サバの水煮」をチョイスしてくださいね。味噌煮には砂糖がたっぷり入っているので、糖尿病には不向きです。糖尿病は生活習慣病で、動脈硬化を促進させる怖い病気です。3食のうち一度はサバ料理(サバの水煮缶含む)とお野菜セットで、糖尿病をやっつけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る