TOP > > 喉の渇きの原因は糖尿病?糖尿病で喉が渇くメカニズムとその他の症状

喉の渇きの原因は糖尿病?糖尿病で喉が渇くメカニズムとその他の症状

現代人にとって深刻な問題となっている糖尿病。予備軍を含めるとかなりの数の日本人が糖尿病を抱えていると言われています。糖尿病は慢性的に血糖値が高くなっている状態になっていることを指します。これはすい臓で作られるホルモン、インスリンが不足することで起こります。

糖尿病の症状

糖尿病の初期症状として代表的なものは、倦怠感・眠気・喉の渇き・尿量の増加・視力低下・体重減少などがあります。

視力の低下や体重の減少が見られるようになると糖尿病の進行が心配されます。倦怠感や喉の渇きなど初期症状の段階で気づくことが重要なのです。数多くある症状の中から今回は喉の渇きに焦点を当てていきたいと思います。

糖尿病で喉が渇くメカニズム

数多くある症状の中で今回は喉の渇きに注目したいと思います。もちろん喉の渇き=糖尿病ということはありません。ですが糖尿病の疑いに気がつく重要なサインなのです。

喉の渇きの度合いは人それぞれですが、糖尿病患者さんの多くは異常な喉の渇きを感じる方も多いようです。すぐに水を飲みたいという衝動に駆られるほどの強い渇きを頻繁に感じるようになったら危険サインです。

ではどうして糖尿病になると喉が渇くのでしょうか。これは糖尿病のもう1つの症状にある尿量の増加とも大きく関係します。

高血糖の状態が続くと尿に含まれるブドウ糖の量が増加します。それを排出する為に大量の水分が必要となるのです。自然と尿の量が増え、また失われた水分を補給する為に体は水分を欲します。これ異常な喉の渇きの原因です。

喉の渇きを感じたら

先ほども説明したように、必ずしも喉の渇き=糖尿病ということはありません。夏場であったり運動の後、体調によっては健康でも喉が渇くことはよくあるからです。

ですが特に原因がないのに我慢できないほどの喉の渇きを感じたり、それが継続していく場合は注意が必要です。尿の回数や量も以前と比較すると分かりやすいので異常に気づく重要なサインとなります。

また他に糖尿病を疑う症状が出ていないかもチェックしましょう。初期の場合は症状がない方も多いので難しいのですが、昼間の猛烈な眠気などは割りと気づきやすく特徴的な糖尿病のサインとなっています。

喉の渇きに加え、眠気や倦怠感を感じる場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。診療科目は内科で問題ありません。

糖尿病になりやすい人とは

最後に糖尿病になるリスクが高い人とはどんな人なのか、それを紹介していきたいと思います。

糖尿病発症のリスクが高いとされているのは、肥満・メタボリックシンドローム・家族に糖尿病患者がいる・過度な飲酒・暴飲暴食などが挙げられます。もちろんこれらに当てはまらない人も糖尿病になる可能性は大いにありますが、心当たりがある方は特に注意してください。

またこれらの行為を控えれば糖尿病のリスクを大幅に下げることが可能と言えますね。肥満やメタボリックシンドローム傾向にある人は無理のない範囲で体重のコントロールをお勧めします。

食事も3食バランス良く頂きましょう。肉中心の食事や甘いものを過剰に食べることは控えましょう。野菜や海藻類をたっぷり食べることをお勧めします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る