TOP > > 妊娠を機に血糖値が上昇?妊娠糖尿病になる原因と予防法

妊娠を機に血糖値が上昇?妊娠糖尿病になる原因と予防法

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病という病気をご存知ですか?初めて耳にしたという方も多いのではないでしょうか。妊娠糖尿病とは妊娠をきっかけに血糖値が上昇したり、妊娠した後に初めて血糖値の異常が見つかることを言います。明らかに糖尿病と認められるものは含まず、あくまでもその前段階までの状態を妊娠糖尿病と分類します。

妊娠糖尿病の症状とリスク

妊娠糖尿病の症状は初期段階ではほとんどないとされ、自分で気づくのはなかなか難しいのが現実です。ですので妊娠中の検査は必ず行いましょう。症状が進むにつれ、喉の渇き・頻尿・手足のしびれ・目の霞み等の諸症状が現れるようになります。この症状は通常の糖尿病とほぼ同じです。

妊娠糖尿病になると妊娠高血圧症候群のリスクが高まると言われています。これはかつて妊娠中毒症と呼ばれていたもので、悪化すると母子共に大きな影響を受けることになります。妊娠中に最も気をつけたい症状の1つです。

また最も心配なのはお腹の赤ちゃんへの影響だと思います。妊娠糖尿病を放置すると、巨大児が産まれる可能性が高まり、難産となる可能性があります。先天異常のリスクも高まるともされているので、妊娠糖尿病は赤ちゃんにとっても大きな影響があるということになります。

妊娠糖尿病の原因と予防

妊娠中は胎盤で作られるホルモンの影響で、どうしても血糖値が上がりやすくなります。またこれに加え不規則な食生活、糖分や脂肪分の摂りすぎによっても妊娠糖尿病を発症すると考えられています。遺伝的な要素も含まれます。

妊娠糖尿病の予防策としてできることは、やはり食生活の改善です。妊娠前から1日3食バランス良くを心がけてください。特に炭水化物や糖質の摂りすぎに注意しましょう。ウォーキング等の軽い運動を日常的に行うことも有効です。

将来への影響

妊娠糖尿病になっても、出産後にはホルモンが正常となるため血糖値も正常に戻ることが多いとされています。ですが妊娠糖尿病を経験した女性は将来的に糖尿病になるリスクが何倍かに跳ね上がることが分かっています。出産後も生活習慣にはしっかりと気を遣い、定期的な検査を受けることを心がけてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る