TOP > > 水のチビリ飲み・・・これが糖尿病予防に効果絶大です!

水のチビリ飲み・・・これが糖尿病予防に効果絶大です!

2012年の調査で糖尿病の疑いのある人口が、成人男女で950万人いる事が解ってきました。これは前回2007年の調査結果と比べて60万人も増えています。予備軍は若干減っているようですが、大きな社会問題になってきています。

糖尿病の主な原因

糖尿病の主な原因・・・それは生活習慣病という言葉からも解るように、普段の食生活が大きな原因になります。やはり食べ過ぎによる肥満が主たる原因と言えます。肥満の原因は食べる量も然る事ながら、食べ方も大きく影響します。

全体的に肥満気味の人は、早食いで、よく噛まず飲むように食べるようです。早く食べると、脳が満腹感を意識する前に必要以上の物を食べてしまいます。また噛まずに飲み込む事もそれを助長します。まずはよく噛んで食べる、これはかなり重要な事です。

実は水が重要なんです

さて次に重要な物、それは実は水なのです。水なんかで・・・と思われる方もいるかもしれませんが、人の体の6割は水、人間にとって非常に重要な物です。水には、人の満腹中枢に働きかけ、満腹感を与えるという効果があるのです。

また体内に入った水は、色々な部分を循環し老廃物を尿や便として体外に排出させる働きがあり、体の新陳代謝を高めます。喉の渇きを覚えたり、空腹を感じたとき水を飲む事で食べ過ぎを抑え、新陳代謝を上げる事から肥満の防止になり、結果的に糖尿病の予防につながるのです。

水で糖尿病対策

さて、水が糖尿病対策に有効な事は解っていただけたかと思いますが、どのような水が良いのでしょうか?日本の水は世界的に見ても非常に良質と言われていますが、それでも塩素・トリハロメタンなどの問題が気になります。

水道水が悪いとは思いません、蛇口から出た水がそのまま飲める日本の水道は素晴らしいと思います。店頭で販売されているミネラルウォーターを利用する事も良いでしょう。アルカリイオン水などは特に糖尿病には有効なようです。

水道に製水器等を取り付けるのも良い方法です。ミネラルウォーターや製水器・浄水器は費用はかかりますが、糖尿病になり治療のための費用、あるいは糖尿病による様々なリスクを考えると、許される範囲であればより良い水を摂取する事をお勧めします。

ただ水分を摂るうえで気を付けていただきたいのは、スポーツ飲料など糖分を含むもの、カロリーゼロの清涼飲料水もありますが、どちらも糖尿病には危険です。育ち盛りのお子様であればスポーツ飲料もある程度は良いのですが、生活習慣病が気になる年代の方は注意しましょう。

身近な存在である水が肥満を防ぎ、糖尿病のリスクを遠ざけます。今からでも始められる糖尿病対策、さっそく始めてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る