TOP > > 次のブームはごぼうの栄養?イヌリンのパワーで糖尿病知らず

次のブームはごぼうの栄養?イヌリンのパワーで糖尿病知らず

日本食に欠かすことのできないごぼう。今でこそ、誰もが疑わずにその口に入れますが、外国から入ってきた当初、ごぼうは薬として扱われていました。それを当時の人々が食用として栽培してきた歴史があります。

料理だけでなく甘味にも使われ、日本人にすっかり馴染んだごぼうには、現代社会においても薬のような力が秘められていたのです。

ごぼうの成分イヌリン

ごぼうに含まれる特筆すべき成分にイヌリンという成分があります。少々変わった名前ですが、イヌラというキク科の植物から見つかったため、イヌリンという名前が付いたようです。このイヌリン、冒頭で紹介したとおり、糖尿病の予防に力を発揮すると言われています。

イヌリンとはそもそも多糖類の一種です。名前のとおり糖の仲間ですが、砂糖やご飯などのような糖とはまったく性質が違います。

果糖という果物に多い糖がいくつも繋がった形をしており、ヒトの持つ消化酵素ではあまり消化されないのが特徴です。消化を受けるとオリゴ糖となり、腸内細菌のエサとして活用されます。

イヌリンはその性質上エネルギーになりにくく、ヘルシーだと言うことが出来ます。このようにヒトの消化酵素で消化されないものを食物繊維といいますが、イヌリンもその仲間です。

また、水に溶けやすいことから水溶性の食物繊維に分類されています。腸内環境を整えてくれる効果があるため、便秘やダイエットにも効果的だと期待されているのです。

イヌリンと糖尿病

消化・吸収されにくい成分がどうして糖尿病予防に繋がるのか、と思われるかもしれません。イヌリンの効果は体内に吸収されてからではなく、消化の過程で発揮されます。その機序の説明のために、糖尿病について簡単に説明しておきましょう。

糖尿病で問題になるのは、みなさんご存知のとおり血糖値です。細胞のエネルギー源であるブドウ糖が血液中に多すぎても少なすぎても問題となるため、インスリンというホルモンによって一定に保たれ、血糖値が維持されています。このインスリンが効かなくなったり、インスリンの量が足りなくなったりするのが糖尿病なのです。

食後は食事に含まれている糖質(ご飯、麺、パン、果物、砂糖)が吸収されるため、血糖値が上昇します。食べすぎ、バランスの悪い食事は急激に血糖値を上昇させ、インスリンを多く必要とします。インスリンを多量に使う食生活が続けば、インスリンが効きにくくなり、インスリンを作る細胞が限界を迎えてしまうのです。

イヌリンはその消化・吸収されにくい性質から、他の成分の消化を妨げる働きがあります。つまり、同じ食事をしたとしても、イヌリンが働くことで消化・吸収のスピードが遅くなり、血糖値の急上昇を防ぐことが出来るのです。これはインスリンを節約することに繋がり、糖尿病を予防するということになるのです。

ごぼうで糖尿病を防ぐ

イヌリンの効果は、血糖値の急上昇を防ぐだけではありません。消化がされにくく、消化管に長い時間とどまるため、空腹になりにくいという特徴があるのです。

腹持ちが良いということは糖尿病の主因である食べすぎを防ぐことに繋がります。すでに糖尿病になってしまった人にとっても、血糖値を上げにくい成分として注目すべきだと言えるでしょう。

ごぼうには独特の香り、うま味があり、味付けを濃くしなくても料理が美味しく仕上がります。うま味の多い皮の部分はなるべく残し、土や泥だけを綺麗に落とすようにしましょう。また、水にさらすとポリフェノールが流れ出てしまうので、さらしすぎは厳禁です。

ごぼうを上手に使って糖尿病にならない食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る