TOP > > インスリンを勧められた!糖尿病の症状がすごく悪化しているの?

インスリンを勧められた!糖尿病の症状がすごく悪化しているの?

2型糖尿病で治療を受けていて、医師にインスリンを使うように勧められたら、自分の糖尿病はそこまで悪化してしまったのかとショックですよね。また、できることならインスリンは使いたくないと思っている方も多いでしょう。

でも、そんなに不安にならないでください。インスリン注射は想像されているほど大変なものではないですし、早めに使っておいたほうが良い結果が得られるんです。

インスリン注射がすい臓の負担を軽くする

飲み薬で糖尿病治療を続けていても血糖コントロールが悪い場合には、インスリン療法に切り替えて様子をみることになります。また糖尿病で初めて受診した時点で著しく高血糖だった時には、始めからインスリンを使うこともあります。

以前に比べると最近は、少し早めの時期からインスリン療法に切り替えることが多くなっています。まだすい臓にインスリンを分泌できる能力が残っているうちにインスリン療法を始めることで、すい臓を休ませることができるのです。

しばらくすい臓を休ませることで機能が回復し、また十分にインスリンを分泌できるようになります。そうなればインスリン注射を止めることができます。飲み薬に切り替えたり、場合によっては食事や運動だけで様子をみていけるようになるのです。

すい臓にインスリン分泌の能力が残っているうちに休ませることが大切です。時期が遅れてしまうと、休ませても十分に分泌できるところまでの回復が難しくなってしまいます。

すい臓を休ませると怠けてしまい、もうインスリンを分泌できなくなるのではないかと心配される方も多いようですが、その心配はありません。少し休ませることでインスリン分泌の機能は回復します。そのうえインスリン自体の効き目も良くなるのです。

タイミングを逃さないことが大切

インスリン療法に切り替えるタイミングは大切で、ためらっている間にも糖尿病の症状は進んでしまいます。

症状が進んでしまうと、すい臓がインスリンを分泌する能力は完全になくなってしまいます。そうなるともう、飲み薬では効きません。一生、インスリン注射をしていくしかなくなるのです。

それだけでなく、インスリン療法を先延ばしにするということは高血糖状態が続くということです。そうなると糖尿病の合併症を発症しやすくなってしまいます。手足がしびれたり、ひどくなると失明したり人工透析をしなくてはいけなくなることもあるのです。

合併症を一度発症してしまうと、もう元には戻れません。この時点で慌ててインスリン療法に切り替えても、もう合併症の進行を抑えることはできないのです。

この状態にまでなる前にインスリン療法を始めることが大切です。インスリン療法によって血糖値を下げていくことができれば、合併症のリスクも減らすことができます。切り替えのタイミングを逃さないようにしてください。

インスリン注射は想像よりも簡単です

自分で自分の体に注射をしなくてはいけないと聞くと不安になってしまうと思いますが、最近は針や器具の開発がずいぶん進んでいます。

針はほとんど痛みを感じません。注射器はペン型で薬があらかじめ充填されているので、使用時には使い捨て針を装着するだけで手軽に使えるタイプが主流になっています。

始めのうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、インスリン注射は想像しているよりも簡単です。インスリンをためらって糖尿病が悪化してしまってからではなく、医師の指示に従ってタイミングを逃さずに始めるようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る