TOP > > フルーツを食べて糖尿病予防!美味しくて健康になれる5つの果物

フルーツを食べて糖尿病予防!美味しくて健康になれる5つの果物

フルーツを食べて糖尿病予防!美味しくて健康になれる5つの果物

糖尿病、特にここ10数年ほど発症する人が多くなってきました。糖尿病予備軍といわれている人を含めると相当な数に上ります。日本では約700万人。世界にすると2030年には5億1,000万人に広がると言われています。

ここまでくると糖尿病になるのを待っているようなもの。その前に予防することができたらと考えませんか。ましてそれがフルーツで美味しく健康的に予防ができたらいいですね。フルーツは食物繊維が豊富で、糖尿病予防やコントロールに向いていると考えられています。そんなフルーツに注目してみましょう。

この5つの果物が糖尿病予防になる!

・プルーン

抗酸化力が高く、ビタミン、ミネラルが豊富です、カリウムが含まれており、血圧を下げる働きがあり、食物繊維が豊富、糖尿病にはもっとも適していると言えるフルーツだと考えられています。ビタミンはA、C、Eがたっぷり含まれており、コラーゲンがとれ、細胞の老化予防をしてくれます。

・バナナ

一時期ダイエットできるフルーツとして注目されていました。血糖値を下げる働きがあります。予防医学という点からも適しているフルーツだそう。食べすぎと人によっては高血糖になる恐れがあるので医師に指導をしてもらうとよいでしょう。

・パイナップル

糖尿病と動脈硬化予防をします。コレステロールや体内にある毒素を排出する働きがあり、便秘も解消してくれるので、美容・健康に一番です!

・ぶどう

ポリフェノールが豊富に含まれていることでご存知の方も多いでしょう。そのポリフェノールは体のさびをとってくれ、活性酸素の働きを抑えてくれるので老化予防になります。アンチエイジングしてくれるフルーツです、これは美容的にうれしいですね。

・キウィ

食物繊維が豊富、生活習慣病の救世主として知られています。他のフルーツと比べてかなりビタミンCとE、食物繊維、葉酸などダントツに多いです。抗酸化力が強く、生活習慣病を予防することができます。

メラニン色素、コラーゲンなどにもよく、美容に最適!通年食べることができるので日常的に糖尿病予防として食べることが可能ですね。

しかし、これらのフルーツにいくら効果があるとしても、食べすぎは禁物なのです。フルーツにはエネルギーが多く、食べ過ぎるとかえって糖尿病に影響がありますので、気をつけなくてはいけません。

このため、フルーツが糖尿病によくないと捉える人が少なくありません。適量を食べ、上手に糖尿病予防、健康的になりましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る