TOP > > もう他人事とは言っていられない!閉経とともに糖尿病のリスク上昇

もう他人事とは言っていられない!閉経とともに糖尿病のリスク上昇

閉経の前後、女性の体には大きな変化が起きています。女性ホルモンの分泌が減少することで、今までは心配もしていなかったような病気にかかりやすくなってしまいます。

そのひとつが糖尿病です。それまで自分は糖尿病とは無縁だと思っていた方も、かかってしまう可能性が出てくるのです。

エストロゲンが血糖値に関係

若い頃、糖尿病は女性よりも男性に多い病気でした。しかし閉経後から男女差はなくなります。女性も急に糖尿病にかかりやすくなってしまうのです。

これには女性ホルモンのエストロゲンが関係していると思われます。エストロゲンには、血糖値を下げる働きをするインスリンの感受性を良くさせる作用があるとされるのです。

つまり、エストロゲンが分泌されているとインスリンがよく働いて血糖値が下がりやすいのです。閉経してエストロゲン分泌が減少してしまうと、インスリンの働きが悪くなり血糖値が上がりやすくなってしまうのです。

閉経後の女性にホルモン補充療法でエストロゲンを投与したところ、血糖値が下がったとされます。ただし、ホルモン補充療法が糖尿病に有効なのかどうかはまだはっきりわかっていません。

また、内臓脂肪が増えることによっても血糖値が上がりやすくなります。人の体にはホルモンと似た働きをするアディポネクチンという物質があり、これには血糖値上昇を抑える作用があります。他にも高血圧や動脈硬化などを予防しています。

内臓脂肪が増えるとこのアディポネクチンは減ってしまいます。すると、血糖値は上がりやすくなってしまうのです。

女性は男性に比べると内臓脂肪より皮下脂肪がつきやすいと言われます。しかしこれは閉経前までのことで、閉経後は女性も内臓脂肪がつきやすくなります。内臓脂肪がつくとアディポネクチンは減って、糖尿病にかかりやすくなってしまうのです。

閉経後に急に悪化する危険性

女性が男性よりも問題なのは、急に検査値が悪化してしまいやすいということです。男性の場合は若い頃に検診でチェックされ、改善する努力をしていないと徐々に悪化していくといった感じです。しかし女性の場合は、男性よりも短期間で悪化してしまいやすいため、注意が必要なのです。

また糖尿病になると現れる自覚症状は、更年期の症状とも似ています。口が渇く、トイレが近い、だるい、疲れやすいといった症状は更年期の症状でもありますが、糖尿病でも現れる症状です。

更年期だと決めつけていると糖尿病を見逃してしまうかもしれません。この時期は他にも様々な病気にかかりやすくなりますので、きちんと定期検診を受けていくようにしましょう。

糖尿病にならないようにするためには

糖尿病になってしまうことも内臓脂肪が増えてしまうことも、食べ過ぎと運動不足が大きな原因です。閉経後は今までとは体が変化しています。それまでは大丈夫だった生活習慣が、これからは大丈夫ではないかもしれないことを忘れないでください。

今まであまり運動をしていないようでしたら、体を動かすよいきっかけでしょう。気軽にできて気長に続けられるような運動を始めてみてください。ウォーキングなどがよいかもしれません。

エレベーターを使わないでちょっと歩いてみるなど、日常生活の中で工夫してみるのもよいでしょう。無理はしないようにしてください。

そして定期検診はしっかり受けてください。良くも悪くも、まずは自分の体の正確な状態を知っておくことが一番大切でしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る