TOP > > シャンプーで顔や首が皮膚炎に?起こしやすいかぶれを防ぐには

シャンプーで顔や首が皮膚炎に?起こしやすいかぶれを防ぐには

顔や首の皮膚に炎症が起きているけれど、原因が分からない…こんな時は原因のひとつに、シャンプーによるかぶれが考えられます。毎日使わなければならない物でかぶれるなんて、困ってしまいますよね。意外と起こりやすいシャンプーのかぶれは、どのような予防と対処法を心がければ良いのでしょうか。

シャンプーと接触性皮膚炎

俗にいうかぶれ、皮膚についた物質が刺激となって起こる皮膚炎を「接触性皮膚炎」といいます。接触性皮膚炎にはアレルギー性皮膚炎と刺激性皮膚炎があり、シャンプーの使用においては、そのどちらも起こる可能性があります。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー体質の人が、特有のアレルゲンに触れた時に起こる皮膚炎。シャンプーにアレルゲンとなる成分が配合されている場合に発症します。

接触性皮膚炎

体質に関係なく、刺激の強い物が皮膚に触れた時に起こる皮膚炎。シャンプー(またはコンディショナー)に配合されている、成分の刺激が強い場合に発症します。非常に刺激の強い物質(薬物、酸・アルカリ、ガソリンなど)が皮膚に触れた場合には、当然誰でも「急性毒性皮膚炎」を起こしてしまいます。

シャンプーは体に使うものですから、当然そのような刺激の強い成分は配合されておりません。にもかかわらず炎症が起きるのは、成分は弱くても皮膚に付けてこするという刺激を、毎日与えてしまっているからです。

このように、弱い刺激を繰り返して与えることで起こってしまう皮膚炎を「慢性接触性皮膚炎」といいます。何かを使い続けてしばらくしてから発症するので原因が特定しにくく、シャンプーを使い続けてしまって皮膚炎がなかなか治らないことも少なくありません。

こんな症状があれば接触性皮膚炎かも

皮膚に何らかの炎症が起こった場合、それがかぶれと判断することは難しく、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎と間違われることもあります。こんな症状があれば、シャンプーでかぶれが起こっている可能性があります。

  • 頭皮、髪の生え際、顔、首などに炎症が見られる
  • 赤い斑点や湿疹ができる
  • 患部にかゆみや痛みがある
  • 鱗屑(カサカサした皮膚がはがれ落ちたもの)が出る
  • 重い時には水疱ができる

アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンに触れてからおよそ12時間後にかゆみや湿疹がみられます。慢性接触性皮膚炎は、シャンプーを使い続けて何も起こらなかった人に、突然発症することがあります。脂漏性湿疹は、湿疹やカサカサした皮膚がフケのようにはがれ落ちる皮膚炎です。

ホルモンバランスや食生活の乱れ、不潔が原因で、物質の刺激では起こりません。頭にかゆみがある場合「洗い方が足らない」と勘違いしてシャンプーの回数を増やしてしまい、悪化してしまう場合もあります。

接触性皮膚炎が疑われる場合には

接触性皮膚炎は原因となる刺激を避ければ起こらなくなります。シャンプーを疑い、他のシャンプーに変えてかぶれなくなれば、問題は容易に解決します。なぜ皮膚に炎症が起きているのか分からない場合は、皮膚科を受診してください。

かぶれやアレルギーが疑わしい時はパッチテストを受ければ、原因が特定できます。炎症はステロイド剤の外用や内服で良くなります。ただし、原因が分からずシャンプーを使い続けると、症状が悪化し湿疹が体に広がる可能性もあるので、皮膚炎が起こったら受診するなどして、放置することを避けてください。

どんなシャンプーを選べば良いか

接触性皮膚炎を防ぐには、シャンプー選びも重要。なるべく刺激の強い成分が配合されていないシャンプーを選ぶのが望ましいです。基本的にシャンプーは、皮脂や整髪剤の汚れをしっかり落とさなければならないため洗浄力が強く、それだけ肌にも負担をかけやすいデメリットがあります。

汚れを落とすためには界面活性剤が欠かせませんが、汚れ落ちがよく泡立ちの良い石油系の「合成界面活性剤」はかぶれの原因になりやすいのです。特に、以下の界面活性剤は刺激が強いです。

  • ラウリン硫酸〇〇
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • スルフォン酸ナトリウム

気になる人はシャンプーを購入する時に成分表示をチェックし、これらの成分が配合されていない物を選ぶと良いでしょう。また無添加のシャンプーは刺激の強い成分が含まれていないので、比較的安心です。

ただし「無添加」「肌にやさしい」「天然」「ノンシリコン」がうたわれている製品でも肌に合わずかぶれを起こす人がいます。石けんや配合されている植物オイルが合わない場合もあります。どのシャンプーでも肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止してください。

皮膚にシャンプーを残さない

またシャンプーの成分が原因でなくても、すすぎが不十分なためにシャンプーが皮膚に残りかぶれを起こす場合もあります。シャワーで十分すぎるくらいすすぎ、シャンプーやコンディショナーが皮膚に残らないようにしてください。髪だけでなく体もよく洗い流しましょう。体に湿疹やニキビが出る可能性があります。

美しくなるための製品を使っているのに、かえって皮膚にダメージを起こしてしまうなんてショックですよね。何気なく使いがちなシャンプーですが、こうしたトラブルが起こる可能性も頭に入れて毎日付き合っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る