TOP > > 適当に処理しちゃダメ!ムダ毛の処理で起こる炎症を防ぐには?

適当に処理しちゃダメ!ムダ毛の処理で起こる炎症を防ぐには?

ムダ毛があると人前に堂々と素肌を出すことができません。特に素肌を露出する機会の増える夏はしっかりムダ毛処理をしておきたいですよね。

手っ取り早く済ますことができるということで、多くの女性が自己処理をしているのではないでしょうか。しかし適当に自己処理していると、毛穴や肌にダメージを与える可能性があるので気をつけましょう。

ムダ毛の自己処理で起こりがちなトラブル

自己処理でこんなトラブルを経験したことのある人も多いのではないでしょうか?

カミソリ負け

カミソリでムダ毛を剃る時に起こりやすい肌トラブルです。カミソリの刃でムダ毛を剃る時に皮膚の表面の角質まで削り取ってしまうために起こります。

ムダ毛処理後の肌が乾燥したり肌荒れが起こって赤み、ヒリヒリした痛みが起こりやすくなったりします。

毛穴のブツブツ

脱毛した時に起こりやすい肌トラブルです。ムダ毛を抜いた時に毛穴の毛根を傷めて出血や炎症を起こし、毛穴に赤みや鳥肌のようなブツブツが起こります。

埋没毛

毛抜きでムダ毛を抜いた時に起こりやすいのが埋没毛です。毛を抜いた時に毛穴の中に横向きになった毛根が残り、毛穴の外ではなく皮膚の内側に埋まった状態で毛が生えてしまうのです。

毛嚢(もうのう)炎

毛穴の毛包という部分にブドウ球菌などの雑菌が感染して炎症を起こす皮膚炎です。毛包炎ともいいます。

カミソリで剃って皮膚を傷つけたりムダ毛を抜いた時に毛穴が開いた時に、菌に感染しやすくなって起こります。赤み、化膿、色素沈着といった症状があります。

カミソリでムダ毛を剃る時の注意点

ムダ毛を剃った後にヒリヒリするのは見た目にケガがなくてもどうしても皮膚には細かい傷もできてしまうからです。カミソリで角質層を削ってしまい肌のバリア機能を低下させることにもなるので、敏感肌に傾いてかぶれやすくなってしまいます。

なるべく皮膚にカミソリの刃の負担がかからないように気をつけることがポイントです。それには、

  • よく切れるカミソリを使って軽い力で剃る(切れ味が悪いと肌を何度もこすってしまい角質層を削ることになる)
  • 入浴後またはムダ毛を剃る前に蒸しタオルを当てて毛を柔らかくして剃りやすくしておく
  • 必ずシェービングクリームや乳液をたっぷり塗って刃の滑りを良くする
  • 剃る時は片方の手で皮膚を引っ張ってピンとした状態で剃る
  • 毛の生えている向きに沿って剃る
  • 剃っている最中にシェービングクリームや乳液が不足したら必ず塗り直して乾燥を防ぐ
  • 深剃りしない、同じ場所に刃を何度も当てない
  • 処理後は必ず乳液やアフターシェービングローションを塗って肌を保湿しておく

といった方法でムダ毛を処理するようにします。

ムダ毛を脱毛する時の注意点

自己処理でムダ毛を抜くと毛穴にトラブルが起こりやすいのであまりおすすめはできませんが、ムダ毛を処理するならば次の点に注意してください。

  • 肌や毛抜きなどは清潔な状態で
  • ムダ毛を抜く前に体を温めて毛穴を広げる
  • 処理後は脱毛した部分の肌を冷やす
  • ムダ毛処理後に毛穴のブツブツを防ぐ市販の薬を塗っておく
  • 埋没毛ができても自分でいじって引っ張り出そうとしてはいけない(傷ができやすい)
  • 埋没毛ができた部分はピーリング剤でやさしくマッサージして自然に埋没毛が出てくるのを待つ
  • 毛穴に炎症が起こったら消毒して外用薬を塗る

ムダ毛を処理するタイミング

ひんぱんに処理するほど肌や毛穴に炎症を起こしやすくなります。特にカミソリで剃るのは2週間おきくらいにとどめるようにしてください。

また生理前~生理中は体の抵抗力が弱くなっており、肌もかぶれや炎症を起こしやすくなっています。この時期にムダ毛処理をするのは避けたほうが無難です。

ムダ毛がなくなっても肌や毛穴に炎症が起こっては意味がありません。丁寧なケアを心がけてトラブルなし・ツルツルの肌をゲットしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る