TOP > > もうプツプツさせない!乳幼児のあせも、親の心得と鉄壁対策!

もうプツプツさせない!乳幼児のあせも、親の心得と鉄壁対策!

お子さんをお持ちのお親御さんが、汗ばむ季節になると気にし始めるのが「あせも」ではないでしょうか?(勿論一年中できるものですので、特にという意味ですが)。大人でもできますので、予防対策をしっかり取っておられる方もいる事でしょう。

大抵はベビーパウダーを使用していると思います。でも、こんな話を聞いたことはありませんか?「ベビーパウダーは汗の出る穴を塞いでしまうから良くない」と。確かに一理あるのです。ただし、間違った使い方によるものですが。

ベビーパウダーは、昔は天花粉と言われ昔から使用されています。お風呂上りに、赤ちゃんの体中に、それこそ真っ白になるほどパタパタしているお母さんも見たことがあります。(今もいるかもしれません)

そんなベビーパウダーに頼りがちな「あせも」対策の、間違った部分やもっと気を使いたい対策法をまとめてみました。

ベビーパウダーと「あせも」

実は、ベビーパウダーは「あせも」の治療薬ではありません。説明書を読んでいただくと分かりますが、ほとんどの場合、「予防に」と記載されています。つまり、できてしまった「あせも」には効果が期待できない。という事なのです。(逆効果になることも)

「あせも」とは、汗の出る小さな穴に老廃物などが溜まり汗の通りを邪魔してしまい、内側に炎症が起きてしまうことで生じてくる赤い小さな発疹の事です。汗をかきやすい部分に多く発生します。

つまり、汗の出口が詰まっているから生じてしまう発疹なのです。そして、ベビーパウダーには、この汗の出る穴をつまりにくくしてくれる効果があるのです。では、なぜ前述のような良くない。との話が出てきたのでしょうか?

ここで、ベビーパウダーの正しい使い方です。ほとんどの親御さんは、入浴後にベビーパウダーを使用すると思います。

では、チェックです。身体はきちんと拭かれていますか?水分は残っていませんか?そんなこと気にしていないよ。と思うかもしれませんが、実はベビーパウダーを使用する上でとても重要なポイントなのです。

ベビーパウダーは、乾いた肌に使用することで効果を発揮します。濡れている肌に使用した場合、逆に良くない影響が出てしまうこともあるのです。この状況が、前述の良くない。に繋がったのではと思われます。

「あせも」から守るには

基本は、肌の清潔を守ることです。汗をかいたら、濡れタオルでこまめに拭くこと。乾いてからのベビーパウダーもおススメです。乳幼児は、体温が大人より高いことがほとんどです。大人より一枚少なく洋服を着せる。これは鉄則です。

また、暑いからと言って裸はNGです。必ず肌着を着用させましょう。汗を吸い取ってくれます。

気になるのは、クーラーの使い方です。クーラーを使用することによって汗の分泌を抑えることも大切かもしれませんが、あまり頻繁に使用すると、体温調節機能に影響が出てきてしまうかもしれません。

発汗機能は、小さい頃からの環境に左右されてしまいます。汗をかくということを十分に体験させることは、将来的にも重要な事なのです。

汗をかいたら、シャワーや濡れタオルで身体を拭き、肌を清潔に保つ。やはりこれが、「あせも」を予防する上での最重要ポイントになるようです。あわせて、ベビーパウダーの間違った使い方にも十分注意してくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る