TOP > > 皮膚トラブルの原因は洗いすぎ!洗いすぎないスキンケアのススメ

皮膚トラブルの原因は洗いすぎ!洗いすぎないスキンケアのススメ

日本で暮らしている人のほとんどは毎日お風呂に入ることを習慣にしているようです。日本は四方を海に囲まれている国であるため、お風呂で汗を流すことが日本独自の文化となって古くから根付いています。

多くの人は、お風呂に入れば頭からつま先までの全身をシャンプーや石鹸などの洗浄剤で洗っているはず。しかしこの習慣が私たちの皮膚を弱くし、トラブルを引き起こす原因となっていることをご存知ですか?

皮膚の機能を正常化するために見直したいのは「洗いすぎない」ということ。皮膚科医の中ではもう常識となっている、「洗いすぎないスキンケア」について調査してみました。

皮膚のバリアーをこそぎ落としている!?

日本人は世界でもトップレベルの「清潔意識が高い国」です。それゆえに何の疑問も持たずに毎日洗浄剤で体を洗ってしまっている人がほとんどなのです。

洗浄剤をたくさん使って、ナイロンタオルのようなもので全身をゴシゴシ洗う。それは人間が本来持っている皮膚のバリアー機能をこそぎ落としてしまっているのと同じなのです。

私たちは服を着て生活していますし、大人になれば毎日泥だらけになるというような生活もしていません。体はそんなに汚れていないのに、一生懸命体を洗う必要はないと思いませんか?

「汚れてはいないけど皮脂が気になる」という方も多いでしょう。皮脂の多い人は洗わないでいると1日でべたつく感じがするといいます。実はこの皮脂こそが皮膚のバリアー機能を果たすものなのです。

皮脂や汗はお風呂のお湯だけでも十分流すことができます。その上でゴシゴシ洗ってしまっているので、皮脂はもちろん、皮膚の角質まで傷つけるような洗い方を毎日しているわけです。

皮膚を守ろうとするバリアー機能を流してしまえば、皮膚はバリアーのない丸裸状態でさらされることになります。過剰に乾燥したりかゆみや湿疹などのトラブルを引き起こしてしまうのは当然のことと考えられるでしょう。

洗いすぎないスキンケア~こどもの場合~

ドラックストアへ行けば、生まれたての赤ちゃんから使えるということを売りにしている洗浄剤をたくさん見かけます。そういう宣伝文句を見かけると人は「赤ちゃんにも洗浄剤を使わなければいけない」と思い込んでしまうものです。

でもよく考えてみてください。赤ちゃんに、洗浄剤で落とさなければならない汚れなどついているでしょうか。

近年こどもの皮膚トラブルが増加傾向にあります。その一因となっているのが「洗いすぎ」による皮膚バリアー機能の低下によるもの。大人に比べて皮脂の分泌も少ないため、数日お風呂に入らなくてもべたつくことはありません。

こどもの場合、基本的に洗浄剤は必要ありません。湯船につかったり、頭をお湯で洗うだけで十分なのです。泥遊びをしたあとや何らかの油が体についたときだけ洗浄剤を使えば良いでしょう。ただし、手洗いだけは石鹸を使ってしっかり行います。

「洗いすぎない」ことによって、こどもをお風呂に入れることもぐっと楽になりますよ。

洗いすぎないスキンケア~大人の場合~

思春期に差し掛かる頃から皮脂の分泌は増え始め、なおかつ部位によっては潤いが失われた乾燥状態にもなります。ある部分はベタベタしているのに、ある部分はカサカサしている。大人の肌はケアがとても難しいですね。

大人の皮膚トラブルもやはり「洗いすぎ」が1つの原因となっていると言えます。こどもと同じように洗浄剤を使って体を洗うのは最低限で良いのです。

大人の場合は「パーツごと洗い」をおすすめします。例えば腕やすねなどは皮脂が少なくカサカサしやすい部位、胸や背中などは皮脂の多い部位。全身をゴシゴシ洗うのではなく、皮脂や汚れが気になる部分だけ洗浄剤を使って洗うようにしましょう。

洗い方ももちろん大切です。ボディーソープは洗浄力が強くたくさん使いすぎてしまうので、なるべくナチュラルな製法で作られた固形石鹸を使うようにしましょう。ナイロンタオルのようなものでゴシゴシ洗うのではなく、手のひらで泡を立ててからその泡で包み込むようにして洗います。

熱すぎるお湯や長すぎる入浴時間も皮脂を洗い流しすぎてしまいます。リラクゼーションを楽しみたいとき以外は比較的短い時間でお風呂を済ませましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る