TOP > > 夏に起こりやすい赤ちゃんの“あせも”を予防するスキンケア

夏に起こりやすい赤ちゃんの“あせも”を予防するスキンケア

暑くなると“あせも”など、肌トラブルが起こるのは大人だけではありません。赤ちゃんは大人以上に、あせもができやすい体質を持っています。

赤ちゃんのあせもを放っておくと、細菌が入って化膿したり、とびひなどの皮膚疾患を起こすことも多く、適切なスキンケアが必要です。赤ちゃんのあせもを予防するスキンケアの方法をご紹介します。

赤ちゃんに、あせもが多いのはなぜ?

赤ちゃんの肌にあせもなどの皮膚疾患が起こりやすいのは、赤ちゃんの汗腺の数が大人と同じだからです。赤ちゃんの皮膚の面積は大人よりもずっと狭いにもかかわらず、大人と同じ数の汗腺があるので、汗腺の密度が高くなり、汗や雑菌が入りやすく、あせもを起こしやすいのです。

また、赤ちゃんは体温調節をするために、大人の3倍も多く汗をかきます。汗腺の密度が高い上、3倍も汗をかくのですから、あせもができやすいのも当然と言えます。さらに、赤ちゃんの汗腺は、まだ未発達で雑菌に対する抵抗力が弱いことも、あせもができやすい原因です。

赤ちゃんの肌のスキンケア

赤ちゃんの肌をあせもから守るためには、まず、こまめに汗を拭き取ってあげるようにすることです。汗をかいている時はもちろんですが、汗をかいていないと思っても、一定の時間毎に、こまめに汗を拭き取ってあげることが予防につながります。

また、夏場にベビーカーでお散歩などに出かける時は、地面からの日光の照り返しのため、地面に近い赤ちゃんのほうが多く熱を浴びます。大人が感じる気温よりも、赤ちゃんがさらされる気温のほうが高くなっているので、体温調節にも気をつけてください。

赤ちゃんの肌の汗を拭くときは、濡れタオルで、ポンポンと軽くたたくようにして拭いてあげるようにしましょう。赤ちゃんの肌はまだ弱いので、大人のように、こするようにして拭くと皮膚を傷めてしまいます。

また、ウエットティッシュを使って赤ちゃんの汗を拭く人も多いのですが、一般的なウエットティッシュには除菌のためアルコールの成分が含まれていることが多いので、ウエットティッシュでは赤ちゃんの肌を拭かないようにしましょう。赤ちゃんの肌はとても敏感なので、かぶれたり、皮膚炎やアレルギー反応を起こすこともあります。

洋服は通気性の良いものを選び、汗をかいたら、こまめに着替えをしましょう。赤ちゃんの肌は、熱しやすく冷めやすいという特徴がありますので、汗をかいたまま放っておくのも、汗が体を冷やしてしまい健康に良くありません。

上手に利用したい赤ちゃんのスキンケア商品

赤ちゃんのあせもや皮膚疾患の予防には、ベビーパウダー、ベビーローション、ベビーオイルなどのスキンケア製品を利用しましょう。ただし、信頼できるメーカーのものを使用して下さい。

また、できるだけ添加物が少なく、赤ちゃんの肌への影響が少ない「低刺激、無香料、無着色」のものを選んで使うようにして下さい。皮膚への刺激が少ないので、皮膚のかぶれや、あせもをしっかりと予防することができます。

赤ちゃんの肌は、一見みずみずしいように思えるのですが、生後3ヶ月を過ぎる頃から、皮脂が薄くなり、乾燥した状態になっています。肌のバリアー機能もまだ未熟なため、皮膚が受ける汗や雑菌の刺激などに敏感に反応して、肌の抵抗力を弱めます。

抵抗力の弱くなった肌には、あせもができやすいので、ベビーローションやベビーオイルを使って保湿して、皮膚のバリアー機能を高めてあげることが大切です。

また、ベビーパウダーは、厚く塗っても効果は変わらないため、薄く伸ばす程度で十分です。あせもができやすい赤ちゃんの場合は、パウダーをつけるパフに汗がついて、そこに細菌が繁殖していることもありますので、汚れる前にこまめに取り替えるようにして下さい。

今では、シェーカータイプのベビーパウダーも市販されていますので、手を触れずにパウダーをかけることができ、いつでも清潔に使えます。こうしたものを利用するのも良い方法です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートな状態で、様々な刺激を大人よりも敏感に受けています。最近では、赤ちゃんの肌からアレルギー物質が入り込み、アレルギー疾患になるとも考えられています。あせもを軽く考えずに、しっかりとスキンケアをしてあげましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る