TOP > 皮膚炎

皮膚炎の種類と対処法

皮膚炎とは、皮膚に起きる炎症のことで、湿疹やかゆみを伴います。痒みがなければ、皮膚炎ではないと言ってもよいでしょう。皮膚炎には、「かぶれ」とも呼ばれる、ある特定のもの(金属や化粧品、ゴム、うるし、銀杏など)に触れると、湿疹が出るものがあり、これを接触性皮膚炎と言います。

これらは、原因となるアレルゲン物質に触れないようにすることで、治癒できますので、かぶれが出た場合は、その原因となる物質が何であるのかを特定する必要があります。赤ちゃんの顔に出来やすい脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多すぎるために炎症を起こすものですが、細菌やカビが原因なので、医師の診断を受け、細菌やカビの除去が必要になります。

また、皮膚のバリア機能が低下している場合、清潔にするつもりでの石鹸の多用は、皮脂を落としすぎることによって余計に刺激を受けてしまい、刺激性接触皮膚炎を起こす原因にもなります。洗えばいい、というものでもないようです。

こちらのカテゴリでは、皮膚炎の原因とは、肌のトラブルを防ぐための予防方法、乳幼児のあせも対策、などをご紹介しています。

皮膚炎の原因とは

皮膚炎というと、外部からの刺激によるものと思い込んでしまいがちです。また、皮膚に痒みなどがあると、きれいにしなくては。という意識が働いて、石鹸やブラシなどで擦ってしまうこともあるでしょう。

ですが、その皮膚炎、本当に外部からの刺激によるものでしょうか?実は、皮膚へのトラブルは、ストレスが原因で起きることもあります。自己判断は難しいと思いますので、皮膚科を受診し、原因を知ることから始めましょう。

ストレスだと診断を受けたら、毎日の生活に「笑い」を取り入れ、ストレス発散に努めましょう。

・ストレスによる皮膚炎
皮膚炎の原因はストレスにあり!?その対処法とは?

何かに触れた記憶もなく、当たった記憶もない。なのに、皮膚に湿疹が出てしまった。こういうときは、毛虫皮膚炎を疑いましょう。毛虫や毒蛾に触れていなくても、実はそれらの毒針や毛が、風に乗って肌に刺さる場合があるのです。

歩いているだけで刺されてしまうので、予防のしようがないと思われるかもしれませんが、毛虫が多そうな場所などに近づかないようにされることで、予防することが出来ます。

・歩いているだけで!?
半袖の季節は要注意!歩いているだけで起こる毛虫皮膚炎とは

肌トラブルを防ぐには

私たち日本人は、とかく清潔を重要視している民族です。お風呂にだって毎日入りますし、石鹸をつけたナイロンタオルでゴシゴシ体を洗います。ですが、皮膚や角質は、その洗い過ぎによって、表面の皮膚が剥がれ、機能が低下していることが多いのです。洗った気がしない。とおっしゃるかもしれませんが、皮膚にトラブルを感じられている方は、石鹸を手に泡立て、手で体を優しく洗う。それだけで十分なのです。

・スキンケアのコツ
皮膚トラブルの原因は洗いすぎ!洗いすぎないスキンケアのススメ

夏の季節などは、薄着になることもあって、女性ならばムダ毛の処理に悩まれる方も多いでしょう。このムダ毛の処理も、適当にやってしまうと、皮膚トラブルの原因になります。カミソリ負けをした場合は、そのまま放置するのではなく、消毒し外用薬を塗ったりして、悪化しないようにしましょう。

・適当はやめよう!
適当に処理しちゃダメ!ムダ毛の処理で起こる炎症を防ぐには?

「めんちょう」とは、なんだか聞き慣れない言葉ですが、眉間から鼻、口まわりにできる「おでき」のことです。これは、毛穴に汗や細菌が入り込むことで起きます。

この「めんちょう」が頻繁に出来る方というのは、抵抗力が弱くなっている、または糖尿病、その予備軍の方が多いと言われています。糖尿病は自覚症状がないので、「めんちょう」が頻繁に出来る場合は、一度病院に相談された方がいいでしょう。

・できものから分かる病気とは
顔の“できもの”には要注意!めんちょうの原因となる病気と対処法

乳幼児のあせも対策

赤ちゃんは、皮膚の面積が大人よりも狭いにも関わらず、汗が出る汗腺が大人と同じ数だけあります。そこで、汗腺の密度が高いために、毛穴に汗や細菌が入り込みやすく、赤いぶつぶつのあせもが出来やすくなるのです。

汗をかいたらタオルで拭いて着替えをこまめにする。シャワーで汗を流すなど、清潔に。また、肌のバリア機能も未熟なので、ベビーオイルやベビーパウダーを使って保湿し、バリア機能を高めてあげましょう。

・親として気を付けたいこと
夏に起こりやすい赤ちゃんの“あせも”を予防するスキンケア
もうプツプツさせない!乳幼児のあせも、親の心得と鉄壁対策!

皮膚炎いろいろ

普段はあまり気づかないのですが、よく見てみると、うるしの木というのはけっこう見かけることが出来ます。うるしは、樹液に触れるだけでかぶれを起こし、痒みがあるからと掻いていると、体のあちこちに広げてしまいます。

うるしを見つけたら、近づかない。これが、うるしにかぶれないための大事な予防法です。

・気づいたらかぶれてた?
最近良く見かける漆(うるし)にかぶれないための対策と処置とは

肌のバリア機能が低下すると、肌は乾燥しがちになります。肌がかさつくと、痒みが生まれ、ついつい掻いてしまって炎症を起こし・・・と悪循環を生み出します。

高齢者の6割は、この乾燥肌であると言われていますが、若い世代の方たちにも、乾燥肌の方は増えています。保湿クリームを塗るなどして、乾燥から肌を守りましょう。

・そのかゆみ、皮膚炎では?
乾燥する冬だけじゃない?高齢者に多い皮膚のかゆみを防ぐには

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る