TOP > > 癌や肥満、老化を防ぎ、うつ病の症状を改善する魔法の生活習慣

癌や肥満、老化を防ぎ、うつ病の症状を改善する魔法の生活習慣

癌と言えば、ひと昔前では不治の病でしたが、現在では抗ガン剤であったり技術の発達により、完治する人も少なくありません。一方で、肥満やうつ病など、モノ余りの現代特有の病気も増えてきているという世の中において、癌の発症を予防し、うつ病や肥満、老化という現象を改善することができる、魔法の生活習慣があるとしたらどう思うでしょう?

そんな、当たり前のようで見過ごされている、素晴らしい効果のある生活習慣をご紹介します。

魔法の生活習慣の効果

魔法の生活習慣が何か?をご紹介する前に、どのような効果があるのかをご紹介しましょう。このたった一つの生活習慣を取り入れることによって、現代病である肥満や糖尿病を予防することができ、癌が発症するリスクも低下し、うつ病などの精神不安定疾患も和らげることができます。

そして、高齢者が寝たきり状態になってしまう要因の一つとして言われている股関節骨折のリスクも40%も減らすことができるのです。

また、この生活習慣を取り入れることによって、思考能力の改善にも役立ち、認知障害であるアルツハイマー病や老化、早死などを抑制する効果を持っているのです。具体的に認知症に関しては30%程度、発症リスクを抑えられるという結果が出ています。

魔法の生活習慣とは何か?

ではこの魔法の生活習慣とは何か?ということですが、これは「1日30分のウォーキング習慣を持つこと」なのです。たったこれだけですが、運動の習慣であれば何でもよいわけではありません。

2時間も3時間もランニングをするのではなく、キツい筋力トレーニングでもなく、1日30分だけのウォーキング習慣だからこそ、効果が発揮されているのです。1日30分だけであれば、忙しい人でも捻出できるであろう時間ですし、今まで運動をする習慣が無い人でも無理なく始められると思います。

たった30分で、癌を予防し、肥満・うつ病を遠ざけるのであれば、取り入れない手はありません。また、自分自身の足裏を刺激する事によって、様々な副次効果が生まれ、単に身体の外的な変化だけでなく、脳みそにも良い影響を与え、認知症などの認知機能低下のリスクやスピードを減少させることも可能なのです。

現代の過ち

現代はモノ余りの時代と言われ、ひと昔前の貧しかった時代とは状況が違います。食べ物に困ることも、日本に住んでいる限りはほぼ有り得ない状況なのです。

それが故、肥満に陥る人が増え、情報が溢れかえることでうつ病を発症する人も増え、過食や偏食によってもたらされる生活習慣の乱れが癌などの重病を発症し、少し体調を崩せば病院で薬を処方してもらうなど、自分自身が本来持っている能力をないがしろにされ、外部に頼ってしまう生活が習慣化してしまったのです。

薬を飲めば風邪は治るかもしれませんが、強い身体は作れません。私たちは、抑えつけて表面化することを抑制する、いわゆる対症療法の習慣が身についていますが、もっと根本的な原因を取り除くために、自然治癒力の力を高めることが重要なのではないでしょうか?そのために、「1日30分のウォーキング習慣」から始めてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る