TOP > > 第1ではない第2の鉄不足!隕石の薬フェリチンでうつ病を撃退

第1ではない第2の鉄不足!隕石の薬フェリチンでうつ病を撃退

皆さん、第2の鉄「フェリチン」ってご存知ですか?今、かなり注目されています。今まで鉄分不足というと、すぐ頭に浮かぶのがヘモグロビンですよね。これが第1の鉄です。さて、このフェリチンですが、不足するとうつ病や睡眠障害を起こすそうです。この最近注目のフェリチン不足が起こす体の影響と、その克服法について紹介します。

第2の鉄フェリチンとは何だ

フェリチンは貯蔵鉄と呼ばれ、鉄分を貯蔵する働きをします。簡単に言うと鉄分を入れる籠や容器のようなものです。銀行で言えば、現金を入金するための預金口座のようなものです。

鉄分は体の中で行われる化学反応にとって不可欠な成分で、隕石の主成分であることから、隕石の薬とも呼ばれています。第1の鉄であるヘモグロビンと第2の鉄フェリチンの大きさはほぼ同じですが、その構造が決定的に異なります。

ヘモグロビンはその内部に鉄を4つ抱えているだけですが、フェリチンは何と4,500個も鉄を内包しています。まるで巨大倉庫のようです。フェリチンが巨大倉庫の働きをしているため、血液中のフェリチンの量を計ることにより、体の中の鉄分の貯蔵量を見極めることができます。

フェリチンって本当に重要な役目を果たしていたんですね。まさに陰の立役者です。フェリチンの働きを具体的に説明します。まず、食事を通して身体の中に鉄分が入ってくると、フェリチンに蓄えられます。

フェリチンの鉄は、体の細胞増殖に使われてり、骨髄の免疫細胞になったり、ドーパミンやセロトニンなど脳の神経伝達物質を作ったりする時に使われています。また、フェリチンは優先的に鉄をヘモグロビンに引き渡しています。

そのため、ヘモグロビンの量は不足していなくても、フェリチンが不足してしまっていると、第2の鉄不足が生じてしまうことがあるのです。ヘモグロビンさえも不足している状態は、フェリチンも深刻な枯渇状態になっていることが想像され、早急な鉄分補充が必要と思われます。

フェリチンが不足するとどうなる

フェリチンは、いつも血液中の鉄分の量をうまくコントロールしてくれています。しかし、フェリチンが不足すると、必要な量の鉄分を補えなくなります。鉄分が不足すると、貧血になると言われますが、実はそれだけではありません。

慢性疲労などの体調不良やうつ病、睡眠障害の原因にもなるのです。原因不明のうつ病や睡眠障害に悩まされていた人たちが、フェリチンを補うことにより、劇的に回復しているのです。

フェリチンが不足している人は意外に多く、11歳から90歳までの3千人の女性を対象に調査をした所、半数以上がフェリチン不足に陥っていたということです。

フェリチン不足の見分け方

フェリチン不足を楽に見分ける方法があります。それは「あっかんべ―」をしてみることです。あっかんべ―をした時の下瞼の裏が、赤い場合は正常ですが、白くなっている場合はフェリチンが不足している恐れがあります。

簡単ですから、確認してみるといいですよ。でも、これで正常が確認できても、症状として、原因不明の疲労や倦怠感、うつ症状がある場合は、病院でフェリチンの値を検査した方がいいでしょう。

フェリチン検査について

一般的に貧血や鉄分不足を見るには、血液検査でヘモグロビンの量を確認しますが、ヘモグロビンの量が正常であってもフェリチンが不足していることがあります。この場合、一般的な血液検査では見つかりません。フェリチンの値を知るには、血清フェリチンの検査が必要です。

これは一般的な診断項目に入っていないので、内科や婦人科で自分から、貧血が心配なので結成フェリチンの検査をしてくださいと言えば、保険適用で検査ができます。血清フェリチンの正常値は、性別や年齢に変わってきますので、自分の基準値を把握することが大切です。

  • 男性:年齢に関係なし:基準値120ng/ml 以上
  • 女性:~20代:基準値50ng/ml 以上
  • 女性:30~40代:基準値80ng/ml 以上
  • 女性:50代~:基準値100ng/ml 以上

フェリチンを補うには

フェリチンを補うには、毎日の食事に気をつけることが最も重要です。鉄分は、肉や魚、野菜などいろいろな食物に入っていますが、その量は微量です。特に食事量を減らすこと、偏った食事になることが一番危険です。

動物性食品のレバーや牛肉、魚介類などに含まれている鉄分は吸収量が高いのですが、植物性食品の野菜や海藻類は、そのままでは吸収量が低いので、レモンなどのビタミンCを一緒に摂ることによって、吸収率を高めることができます。

鉄分が多く含まれている動物性食物

  • 豚レバー、鶏レバー、牛レバー
  • 牛モモ肉、牛ヒレ肉
  • アサリ、きはだまぐろ、かつお、まいわし
  • かき、しじみ

鉄分が多く含まれている植物性食物

  • 小松菜、ホウレン草、枝豆、そら豆
  • 干しヒジキ、青のり、乾麺、豆乳、生揚げ
  • 卵、ゴマ

原因不明のうつ病や睡眠障害の疑いのある人は、まず、病院へ行ってフェリチン値をチェックしてみましょう。ダイエットを食事コントロールでやっている人は、極端に食事の量を減らしたり、偏った食事になりがちです。充分注意して鉄分不足にならないように注意してくださいね。何といっても健康が一番ですから。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る