TOP > > その冬太りは“うつ”が原因?ウィンタースポーツでセロトニン対策

その冬太りは“うつ”が原因?ウィンタースポーツでセロトニン対策

今年も寒い季節がやって来ましたね。人間の身体は良くできていて、外気温が低くなると、体温を維持するためにエネルギーを多く消費しているのです。そう、冬は夏よりもエネルギーの消費が多い季節だったのです。

エネルギーの消費が多いということは、ズバリ脂肪の燃焼が促進されていて痩せやすいことを意味しており、本来はダイエットにも適した季節なのです。

しかし、冬は太りやすいと思っている人も多く、実際に冬になると体重増加に悩まされているのです。その中でも秋から冬にかけての季節の変わり目あたりから、気分が落ち込み、眠気や食欲が増すような症状に思い当たる人は「冬のうつ」かも知れません。

冬のうつは食欲と眠気がチェックポイント

秋から冬にかけて外の景色や気候が大きく変化すると、心に感傷的な変化が生まれ気力が失われたり、身体の疲労を感じたりすることがあります。これが冬のうつの正体と考えられています。

冬のうつは一般的なうつとは違い、夏場には特にうつ症状は見られませんが、寒い季節になると突然うつの症状が現れてきます。

冬のうつの症状で代表的なのが、「食欲」と「眠気」であり、一日中お菓子やパンなどを食べては寝る生活になるようです。このような生活は体重増加に繋がることから、冬太りと思われていたのかも知れませんね。

食欲と眠気・・・貴女は大丈夫ですか?

冬のうつ対策には光を浴びよう

冬のうつが発症する原因として考えられるのが、脳内にある神経伝達物質のセロトニンの不足です。セロトニンは光を浴びることで生成される物質で、光が少ないと生成量も減少することから、脳の働きが阻害されうつが発症するのです。

セロトニンの不足は食欲増進に繋がり、特に炭水化物などの糖質を欲することになります。これが冬に太る原因と思われます。冬場にうつを発症させないためには、普段の生活において太陽光を浴びる習慣をつけることが大切だったのです。

ウィンタースポーツでセロトニン対策

冬のうつにならないために、普段から光を浴びる工夫が必要です。特に冬の季節は室内に篭りっきりの人も多いので注意が必要です。冬のうつ予防に効果的なウィンタースポーツ&注意点を紹介します。

1.スキー、スノーボードは滑りながら様々な方向へ身体を向けるので、身体全体に光を浴びることが可能です。筋肉をほぐし血行も改善されるので効果が高いスポーツです。山は光が強いのでゴーグルは着けても大丈夫です。

2.ウォーキング、ジョギングも効果が高いのですが、過度に暗いサングラスや顔まで覆うマスクは光を遮断することになりますので、顔に光があたる工夫をして下さい。

3.室内スポーツは身体を動かすには良いのですが、光を浴びることはできないので効果は少ないかも知れません。

4.天気が曇りであっても、十分な光量を得られる場合があります。曇りの日に効果を高めるためには、サングラスなど顔を隠すものの着用はなるべく避けた方が良いと思います。

とにかく光を目から感じることが重要です。(直接太陽を見ることではありませんよ。)特に午前中に多くの光を浴びる方が、セロトニンの生成だけではなく、体内時計を正常に保ち効果が高いことが判明しています。

ちょっとしたことがきっかけで発症する「冬のうつ」、ウィンタースポーツで光を浴びてしっかりと予防しましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る