TOP > > うつ病になりやすい人・なりにくい人の違いって?うつ病を防ぐには

うつ病になりやすい人・なりにくい人の違いって?うつ病を防ぐには

うつ病=こころの風邪

「うつ病」という病名を聞いたことがあるという人は多いでしょう。うつ状態になる病気、こころの病気…といったイメージがあるのではないでしょうか。うつ病は抑うつなど精神面に症状が起こる病気です。

こころの病気というのは、体の病気のようにハッキリした炎症が患部に起きるものではありません。また、こころの病気ではなくても私達は常にさまざまな感情を感じながら生きていますので、時には憂うつな気分になったり何もやる気が起こらないといった状況に陥ることもしばしばあります。

こういった一時的な落ち込みは、しばらくするともとに回復するものです。しかし、うつ病の場合は一時的な落ち込みとは異なり、抑うつ状態が長く続くのが特徴です。いつまでも憂うつな気分から抜け切れずいつもと調子が違うな、と気付いたら、うつ病を疑ってよいかもしれません。

年々、うつ病の人は増えているとされています。実はうつ病というのは「こころの風邪」とも呼ばれるように、誰でもちょっとしたきっかけで発症しやすい病気なのです。日本人の場合は、15人に1人の割合で一生に一度はうつ病を発症するとされているように、そう珍しい病気ではないのです。

うつ病とは

ではうつ病にはどの症状があるのでしょうか。

・1日中憂うつな気分が続く。
・2週間以上抑うつが続く。
・意欲低下
・今まで興味があった事への興味がなくなった。
・集中力・記憶力の低下
・自分には価値がないような気がする。
・疲れやすい。
・眠れない。夜中や早朝に目が覚めてしまう。
・食欲不振
・頭痛、肩こり

周囲から見るとこのような印象に気付くことがあります。

・笑わなくなった。
・口数が減った。
・動作が鈍くなった。
・無表情。表情に生気がない。

これらの中でいくつか思い当たる症状があったら精神科を受診することをおすすめします。うつ病はれっきとした病気で、症状には個人差がありますが放置しておくと悪化する場合があるので、休養や適切な治療が必要になります。

中には精神科を受診することにためらいがある人も少なくないでしょう。精神科もひと昔前に比べると通院しやすい雰囲気のクリニックが増え、気軽に受診する人も多くなりました。会社帰りに通院するという人も珍しくありません。

うつ病の原因

どうしてうつ病にかかってしまうのでしょうか。うつ病発症のはっきりした原因はわかっていませんが、もともとうつ病を発症しやすいタイプの性格の人が、ストレスなどのきっかけによって発症してしまうのではないか、とも考えられています。

また、脳内の神経伝達物質セロトニンやノルアドレナリンの分泌が不足している、または機能がうまく行われていないためにうつ病を発症させるとも考えられています。栄養不足、妊娠や出産などホルモンバランスの変化なども原因になる場合があります。

うつ病発症のきっかけになるような強いストレスを受けたとしても、必ずしも多くの人がうつ病にかかるとは限りません。うつ病を発症しやすいタイプの人とそうでない人とでは、ストレスに耐える力が違うといえます。

では、うつ病にかかりやすい人、かかりにくい人、というのはどのような違いがあるのでしょうか。

うつ病にかかりやすい人・かかりにくい人とは

うつ病にかかりやすいタイプの人

・真面目
・几帳面
・小心者
・執着心が強い
・責任感が強い
・頼まれたら嫌と言えない
・頑固
・プライドが高い
・正義感が強い
・世話好き
・物事に熱心
・ストレスを溜めこみやすい

うつ病にかかりにくいタイプの人

・大らか
・いつまでも失敗を引きずらない
・人目を気にしない
・前向き
・自分の意見が主張できる
・気分転換が上手にできる
・ストレスを解消する方法を持っている

といった傾向があります。うつ病になりやすいタイプに該当しているからといってショックを受けてはいけません。必ずしもうつ病になるというわけではありませんし、なりやすいタイプ、なりにくいタイプどちらにも素晴らしい要素があります。

ただ、強いストレスに直面した場合には心身の調子を崩しやすくなるので、気をつける必要があるということですね。生まれ持った気質は大きく変えることはできませんが、考え方やストレス対処法は自分の努力で変えることができます。

良い気分転換法やストレス解消法を見つけることが、うつ病の予防に効果的です。また、悩みがあったらすぐに周囲の人に相談することもおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る