TOP > > うつ病の再発を徹底予防!予防のためにしておきたい5つの事

うつ病の再発を徹底予防!予防のためにしておきたい5つの事

日本には、多くのうつ病患者さんがいらっしゃいます。周囲の人には、分かり辛いのですが、本人は地獄の苦しみを味わうと言われています。うつ病は、適切な治療を受ける事で、治る病気なのですが、再発のリスクも伴います。そこで今回は、うつ病の再発を防ぐために知っておきたい5つの事をご紹介していきます。

ぐっすり睡眠でうつ病の再発防止!

うつ病の再発を防止するためには、生活習慣を整える必要があります。でもどのような生活習慣を身につければよいのでしょうか?まずもっとも需要な事は、睡眠時間の確保です。夜はぐっすり眠る事がとっても大切なのですよ。

夜眠る事が出来ず、不規則な生活を送ってしまうと、体内時計がくるってしまい、うつ病を再発するリスクがアップします。ですから、夜はぐっすり眠るようにしましょう。

自分をほめる習慣をつけて再発防止!

うつ病の方は、まじめすぎて自己否定に走る傾向があります。ですから、まずは自分をほめる習慣を身につけて下さい。些細な事であっても、何かできたことに対して「良く頑張っている」と思う事が大切です。

こういった自分をほめる行為を積み重ねる事で、自分に自信が付き自己否定をしなくなります。そしてこの事が、うつ病予防となるのです。

気軽に話せる相談相手を見つけて再発防止!

うつ病は、ストレスが原因となる事がほとんどです。ですから、ストレスを内に溜め込まないようにすることで、うつ病の再発防止につながります。ストレスを発散する方法はたくさんありますが、やはり相談相手を見つける事は重要です。

家族、恋人、会社の同僚、居酒屋の店員など誰でも構いません。なんでも話せる、相談相手を見つけて下さい。人に相談する事で、ストレスを発散させることが出来ますよ!

復職後に張り切りすぎない事で再発を防止!

うつ病治療の為、求職する人も多いです。そして病気が快方に向かって、ドクターからGoサインが出ると、復職をしますよね。ただ、復職するときには、張り切りすぎないように注意してください。

復職後はどうしても、今までの分を取り戻そうとして、頑張りすぎてしまう人が多いです。自分では大丈夫だと思っていても、体や心に負担がかかってしまう事があります。

体や心に負担がかかると、うつ病が再発するリスクもアップします。ですから、復職後は無理をせず、頑張りすぎないように、焦る気持ちをセーブしてください。

主治医に相談してうつ病再発を防止!

うつ病の再発を防止するためには、主治医との連携が欠かせません。何か不安に思う事や、気になる事があった時には、必ず主治医にご相談ください。病気が重症化する前でしたら、治療も比較的早く終わる事があります。

しかし、うつ病が再発して重症化した後に通院を始めれば、それだけ治療は長引いてしまいます。どんな些細な事でも、主治医に相談する事で、再発予防につながるのです。

このように、うつ病の再発を防止するためには、十分な睡眠、自分をほめる、相談相手を見つける、頑張りすぎない、主治医に相談するといった方法があります。うつ病の再発防止に、ぜひお役立て下さい!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る