TOP > > うつ病で仕事ができない!退職に追い込まれる前にすべきこと?

うつ病で仕事ができない!退職に追い込まれる前にすべきこと?

うつ病を発症すると、症状の程度によっては仕事ができなくなってしまうこともあります。だからと言って、安易に退職してしまったら、その後が余計に大変になりますし、病気自体が治らなくなってしまうかもしれません。また、さらに悪化する可能性だってあります。退職に追い込まれる前に、実際問題としてどのようなことができるのでしょうか?

うつ病で仕事ができなくなってしまったら

うつ病かもしれないなどと、少しでも不安に思うようなところがあれば、とにかく專門の病院に行くべきです。程度が軽ければ、治療しながら仕事をすることができるでしょう。しかしながら、症状が重かったりすると仕事ができなくなることもあります。

そんな時、安易に退職するなどという選択は絶対にしないでくださいね。退職するのではなく、休職制度をフルに活用して病気を治すことに専念しましょう。

メンタルヘルス対策が整っている職場の場合

うつ病が大変大きな社会問題にまでなっている今の時代、メンタルヘルス対策がしっかりと整っている会社はたくさんあります。このような会社にお勤めの方は、うつ病の疑いをご自身が持たれた場合、何よりも会社の産業医に相談すべきです。

総務など、相談すべき部署を通して相談することで、もし本当にうつ病と診断されてしまった場合でも、しっかりと休職制度を活用して、うつ病の治療に専念することができる環境が整うはずです。体制の整っている会社であれば、1年半の期間、給料の80%にあたる傷病手当の支給を受けながら、治療に専念できるはずです。

メンタルヘルス対策が整っていない職場の場合

世の中は、メンタルヘルス対策がしっかりと整っている会社ばかりではありません。それでも病気は待ったなしで襲ってくることがあるわけですから、自分で対応するしか方法がないわけであります。うつ病かなと思ったら、まずはメンタルヘルスの自己診断をしてみましょう。

ネットで「うつ病 自己診断」と検索すれば簡単にチェックすることができますので、ご自身でチェックしてみてください。自己診断の結果、問題のある数値が出てしまった場合は、速やかに精神科や心療内科などの専門医のいる病院に行って、診察してもらうことが何よりも大切なことなのです。

もし、病院に行ってうつ病と診断されてしまった場合は、必ず診断書をもらうようにしましょう。雇用者側は、医師の診断書を無視して無理矢理働かせることはできませんし、またそれを理由に解雇することもできません。

休職制度の整っていない会社もあります

会社の中には、休職制度が整っていないところもあります。そもそも休職という形態は、法律で定められている制度ではありません。ということで、休職できる期間というのは、会社側の裁量で決めることができるものなのです。

ただし、決められた休職期間というのは就業規則に記載する義務がありますし、職場はその就業規則が閲覧できる状態である必要があります。ご自身の職場の休職制度については、自分で事前にしっかりと確認しておきましょう。

傷病手当はしっかりともらうこと

もしうつ病で仕事ができなくなって会社を休むことになった場合、収入を断たれてしまったら治療どころではなくなってしまいます。健康保険組合に加入している方であれば、傷病手当を支給されるはずですから、しっかりと申請しましょう。

仮に、休職制度があまり整っていないところで勤務していて退職に追い込まれたとしても、残りの期間は傷病手当を受けとることができます。ただし、継続して1年以上の保険料の払込実績が前提となりますので、入社したばかりの人が、すぐに支給してもらえるものではありません。詳しいことは、各健康保険組合の事務所に問い合わせをしてください。

休職期間が終わってしまったら

休職制度は、長くても1年6ヶ月の期間になるはずです。その期間が終了しても、仕事に復帰できなければ退職に追い込まれてしまいます。また、休職制度の休職期間がもっと短い場合は、退職後も必要な手続きをして傷病手当をもらえるようにする必要があります。

猶予期間は1年6ヶ月です

うつ病の治療を複数年に渡って続けている方たちがいらっしゃいます。その方たちは、無理して職場復帰をしたり、あるいは退職に追い込まれてしまって止むを得ず転職することになった人たちということになります。

休職制度の整っている会社であっても、猶予期間は1年6ヶ月です。この期間を有効に使って、少なくとも仕事ができるところまで回復させる必要があります。仮に転職となった場合、前職の退職理由が“うつ病”などと言ってしまったら、まず採用されなくなってしまいます。

うつ病は、発症初期の対応が適切であれば必ず治る病気です。1年6ヶ月の期間を無駄に過ごしてはいけません。最大限有効に使って、しっかりとリハビリに取り組んで、退職することなく職場復帰を果たしていただきたいと思います。

うつ病でも貰える障害者年金

リーマン・ショックが世の中を騒がせたころ、うつ病を理由に障害者年金の不正受給が多数、発覚した時期がありました。そんなことから、うつ病を理由にした障害者年金の申請は、審査が大変厳しくなっております。

2級の認定を受けた事例もあるうつ病での障害者年金申請

できるだけ社会復帰していただきたいと思いますので、けっしてオススメするものではありませんが、過去にはうつ病で障害者年金2級の認定を受けたという事例もあります。うつ病を発症してしまった方たちの中には、生きていくために申請する必要のある方もいらっしゃるでしょう。

うつ病を発症して仕事ができなくなり、退職に追い込まれた方、そしてどうしても治らないということであれば、最後の手段として障害者年金の申請をする方法もありますよ、ということです。血液によるうつ病診断が、もっと一般的になれば、このあたりの申請ももっと簡単にできるようになるかもしれませんね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る