TOP > > いつまで薬を飲みますか?誰でもできるうつ病改善の最新食事療法

いつまで薬を飲みますか?誰でもできるうつ病改善の最新食事療法

なんとなく気分が浮かない、昔好きだったことに興味がなくなった、そんな心境はうつ病のサインかもしれません。心に負担をかけていませんか。仕事を頑張りすぎていませんか。自分ではまだまだやれると思ってしまうのも、うつ病の一つの特徴です。

自覚するまでに時間のかかるうつ病

うつ病は様々な形で現れます。仕事は頑張れるけれど、家に帰ってきた途端、何もする気になれなくなる。ただの疲れだと思って放置していると、徐々に睡眠などの生理的な欲求も望まなくなってくるようなケースもあります。

思考力が低下してしまう、動くことが億劫になるという人もいれば、不安で動き回ってしまうという人もいて、それによって、体重が減る人と、増える人にも分かれます。いずれにしても、自分の存在価値を疑うような考えに陥ってしまいます。

うつ病は決定的な判断基準がないため、自分の精神状態に異常を感じたら、周りの人に相談する、精神科へ行くといった行動を取りましょう。自分自身と向き合う時間も大切です。

うつ病を治すなら食事を変えろ!

気分が沈み、食欲がなくなってしまうケースもあれば、食べることで気分を紛らわせようとするケースもあります。ですが一般的には「食べることも億劫」と思ってしまいがちです。しかし、それではうつ病が深刻化するばかりなのです。

3食きちんと食べる

落ち込んでいるからといって食事を取らないでいると、抵抗力は下がる一方です。心の元気がない中、身体の元気がなくなると、一層心の元気もなくなるという悪循環を生んでしまいます。落ち込んだ状態から脱出するためには食べることが大切です。

朝昼晩の3食を摂ることは、身体のリズムを整えることに繋がります。朝は、朝日を浴びて身体を起こしましょう。そして、しっかりと朝食を食べ、昼食と夕食も、なるべく決まった時間に食べます。そうするだけで、身体は元気になります。

精製度の低いものを食べる

では、具体的にどんなものを食べると良いのでしょうか。まず、主食になる米や小麦は、精製度が低いものを選びましょう。米であれば玄米、小麦であれば全粒粉、ふすまなどを使うということです。

普段は、白米や精製された小麦粉を食べていますが、それはミネラルが最も豊富に含まれている部分をわざわざ捨ててしまったものです。後々説明しますが、うつ病の改善にはビタミンやミネラルといった微量栄養素が不可欠なのです。

また、穀類だけでなく、砂糖も上白糖やグラニュー糖ではなく、黒糖や三温糖などの精製度が低いものを使うと、ミネラル分を摂取することができます。料理に使うと多少色が悪くなりますが、煮物などにはそういった砂糖を使うと良いですね。

魚を食べて神経をリラックスさせる

魚に含まれるIPA(イコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、精神疾患の治療に有効であることが分かってきました。これは、脳の中で作用する神経栄養因子を増加させることが関係しているとされています。

IPA、DHAという成分は魚の脂肪を構成する成分であり、イワシ、サンマ、アジ、サバなどに多く含まれています。しかし、魚以外、肉などには含まれていない成分なので、日々の食事に魚を取り入れることが大切なのです。

良質たんぱくを摂るのは筋肉のためだけじゃない

質の良いたんぱく質を摂ると、筋肉に良いという話は有名ですが、うつ病の改善にはまた違った効果を発揮します。うつ病の人はセロトニンという物質が不足しているという研究結果がありますが、これの元になっているのがアミノ酸なのです。

アミノ酸はたんぱく質を構成している最小単位です。たんぱく質が不足していると、セロトニンの合成が上手くいかず、よりセロトニンが減少してしまうのです。

また、他にもドーパミン、アドレナリン、GABA、グルタミン酸などの神経伝達物質は全てアミノ酸を原料に作られています。アミノ酸の中でもトリプトファン、フェニルアラニン、メチオニンは抗うつ作用が研究され、注目を集めています。

良質たんぱくとは、肉、魚、卵、チーズ、大豆製品を指します。前述したように、魚はIPA、DHAを摂るという意味で食事に取り入れたいものです。それ以外の食事でも、これらの食品を食べることで、たんぱく質の不足を防ぐことができます。

ビタミン・ミネラルを大切に摂る

ビタミンB6、B12、葉酸は、神経伝達物質の代謝に関わっているため、ないがしろにするわけにはいきません。せっかく摂ったたんぱく質もこうしたビタミンがないと、活用できなくなってしまうのです。

鉄が不足すると貧血になるだけではなく、疲労感が増したり、集中力が低下したり、楽しみがなくなるというような症状があることが知られています。また、亜鉛やセレンの不足もうつ症状を悪化させるという研究も進んでいます。

うつ病になってしまうと、最初に手を抜いてしまうのは食事ではないでしょうか。ですが、食事をないがしろにすると、心の病気は改善しません。薬を使うことも大切ですが、まずは美味しい食事をして、一息ついてみるというのはどうでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る