TOP > > うつ病の治療は心療内科に行きましょう!さてその選び方とは?

うつ病の治療は心療内科に行きましょう!さてその選び方とは?

今の時代は現代病と言われるほど、うつ病を発症する方が増えているわけでありますが、患者の増加に伴って、物凄い勢いで心療内科クリニックの看板をぶら下げた病院が増えてまいりました。

質の低いクリニックもあります

病院の多くは、良心的なところだとは思うのですが、中には質の悪いクリニックが間違いなく存在しているわけであります。極端な例を挙げるとすれば、うつ病患者を一度も診察したことがない医師でも、デスクとイスがあればどこでも開業できてしまうんですね。

長期に渡って、うつ病の闘病生活を強いられる患者の方たちの多くは、何種類もの薬を服用することになります。質の悪いクリニックですと、必要と思われないような薬まで処方して利益の追求に走ってしまいます。

治す気のないクリニック

このようなクリニックの医師たちというのは、患者の快方を第一に考えるのではなく、ただひたすら利益の追求に走ります。中には、初診でいきなり注射を打とうとする医師までいますから、このような悪質な病院だと、治すどころか悪化することだって考えられます。

また、患者をあからさまに見下したようなクリニックもあります。タイトルにもある通り、ある方が、ご自身のうつ病を疑って単に近いというだけの理由で心療内科に行ったところ、ろくに診察もしないで「あなたは性格に問題があるのではありませんか」と言ったそうです。

こんなクリニックにいくら通っていても、うつ病が治るどころが泥沼にハマって、抜け出せなくなってしまうでしょう。

治療期間が長くなるうつ病

うつ病の治療期間というのは、短くても月の単位、長期になりますと年の単位の治療期間が必要となる病気です。長いお付き合いになるクリニックは、ご自身と信頼関係を結ぶことができないと、治るものも治らなくなってしまいます。

したがいまして、うつ病の治療におきましては、信頼できる、そしてご自身に合った病院を選ぶことは非常に大切なことなのです。近いからという理由だけで病院選びをしてはいけません。

心療内科クリニックの選び方

うつ病を患って病院に行く場合、選択肢として「精神科」「神経科」「心療内科」があります。「精神科」「神経科」であれば、ある程度の規模の病院になるでしょうから、悪質と言えるようなところがあるとは思えません。

ここで問題になってくるのは、やはり大した設備投資なくして開業できてしまう、個人が開業した心療内科クリニックなのであります。もちろん、親身になって治療してくれる病院がほとんどだとは思いますが、やはり質の低いところもあるのです。

心療内科クリニックの選び方のポイントは下記の通りです。

・医師の診察態度についてですが、上記で例にあげたような、人を見下した態度で接してくるような医師は止めておきましょう。極端なほど親切に接してくれるというのも疑問ですが、何よりも言動に不信感を持つようなところはNGです。
・あなたの話をしっかりと聞いてくれますか?うつ病の治療は、患者の話を聞かなければ治療が始まらないはずです。丁寧に話を聞いてくれるクリニックを選びましょう。
・仮にたくさんの種類の薬を処方されることになった場合でも、薬の説明はしっかりと行ってくれるでしょうか?うつ病の治療にあたっては、かなりな種類の薬が処方されることもあります。

副作用も含めてしっかりと薬の説明をしてくれるかどうかもポイントになります。また、中には簡単に「一生薬を飲むことになりますね」と発言する医師もいます。これでは、完治させる気があるのかどうか疑問に思ってしまいますね。

・薬の服用しか指導しない医師がいます。うつ病の治療には、規則正しい生活を送ることは非常に大切なことのはずです。日常の生活に踏み込んだ指導をしてくれるかどうかも、病院選びのポイントになります。
・できれば、ホームページを開設しているクリニックのほうが安心できます。

繰り返しになりますが、うつ病の治療期間は長期になるケースが多いのが実情です。信頼のできる、そしてご自身に合った病院を選んでくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る