TOP > > うつ病でリラックスできない!症状改善に効果のあるアロマとは?

うつ病でリラックスできない!症状改善に効果のあるアロマとは?

最近、若い女性の間では、日々の暮らしの中にアロマを取り入れることで、心と体に癒しを与えてリフレッシュさせようとする人たちが増えているそうです。元々、アロマはストレスや緊張を強いられる日常生活から解き放たれて、リラクゼーション効果を得ることを目的に活用されてまいりました。

昔から病気の予防や治療の現場でも活用されてきたアロマで、ストレスを解消させて女子力アップを図る女性が増えているということなんですね。結局、多くの方、特に女性が、アロマに癒しを求めているということになります。そんなアロマなのですが、実はうつ病の症状を改善する効果を期待できるのであります。

そもそもアロマとは何ですか?

アロマは、“アロマテラピー”とか“アロマセラピー”と言われたりしますが、フランス語を語源とする場合が“アロマテラピー”、英語が語源の場合は“アロマセラピー”ということになります。

ちなみにアロマを日本語にすると“芳香療法”になります。アロマテラピーとアロマセラピーを使い分けるなどということは紛らわしいので、ここでは“アロマ”で通させていただきたいと思います。

アロマとは、植物が作り出した油から、水蒸気蒸留法、あるいは直接蒸留法などを駆使して抽出した、エッセンシャルオイルとも呼ばれる精油を活用して、心や身体に癒しを与えることで、ストレスの解消などのリラクゼーション効果を目的とした、病気に対する予防法、又は治療方法ということになります。

海外では医療の現場でも活用されるアロマ

そもそもアロマと呼ばれる療法が誕生したのは、フランスのルネ=モーリス・ガットフォセという化学者が、ある実験中に火傷を負ってしまい、身近にあったラベンダーの精油を使ったことが始まりと言われています。ガットフォセは、怪我の治りが早いことに気づいたんですね。

そんなことから、海外では医療の現場でも、積極的にアロマが活用されることは少なくないのです。その後、癒しの効果や美容の効果に着目した人たちが、リラクゼーション効果を追求することになったのでしょう。

日本では民間療法のアロマ

フランスを始めとした海外では、怪我や病気の治療からスタートしたアロマですが、日本では伝わった時に美容の側面が強かったのか、医療の現場で医師が活用することはありません。いわゆる民間療法ということになるんですね。

民間療法ですから、実際にうつ病の患者さんが行った場合の効果には、大きな個人差が出てくるはずです。こればかりは、サプリメントなどと同様に、やってみなければ分からないというのが実情だと思います。

しかしながら、そうは言ってもアロマでうつ病の症状が大きく改善した方がたくさんいるということも、また事実なのであります。“芳香療法”というものに抵抗のない方は、チャレンジしてみてもよいのではないでしょうか?

うつ病の症状を大きく改善するアロマの効果

うつ病は、ホルモンの一種であり脳内神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンなどの分泌量が減少することで、発症すると考えられております。ということは、ホルモンのバランスは崩れた状態にあるのです。

それに対してアロマには、エッセンシャルオイルの香りが、ホルモンを分泌する器官である内分泌腺を刺激する働きがあることから、内分泌腺を刺激してホルモンの分泌を活性化できる可能性があるのです。いかがですか?アロマと呼ばれる療法と、うつ病の関係が見えてきたと思いませんか?

ホルモンの分泌を活性化させるアロマの効果

アロマには、ホルモンの分泌を活発にさせる効果があると言われております。この分泌が活発になるホルモンには、実はセロトニンも含まれているんですね。

うつ病の原因となる、脳内神経伝達物質の分泌不足の中で、最も影響が大きいと考えられているのは、“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンなのであります。セロトニンの分泌を促進してくれるのであれば、アロマは間違いなくうつ病の症状を改善してくれることになるでしょう。

ただし、アロマにはエッセンシャルオイルと使う本人との相性がありますので、それ次第ということにもなりますね。

お気に入りの匂いのエッセンシャルオイルを選びましょう

ここで一つ、アロマの大前提を申し上げておきたいと思います。アロマで使われるエッセンシャルオイルは、ご自身が好きな匂いでなければいけません。これは当然のことですよね。

嫌いな匂いなど嗅いでいたら、何の効果も期待できませんので、ご自身に合ったエッセンシャルオイルを事前に選んでおく必要があります。アロマに使われるオイルは、実に様々な種類のものがありますので、お好みの匂いのものを発見できる確率は高いはずです。

アロマが心と体に良いのはなぜ?

アロマを行うことで、エッセンシャルオイルの香りがホルモンの分泌器官である内分泌腺を刺激することとなって、セロトニンを含むホルモンの分泌が活発になり、リラクゼーション効果や癒しを得られるわけであります。

それではなぜ、リラクゼーション効果や癒しを得ることができるのでしょうか?エッセンシャルオイルの芳香成分は、人間の嗅覚を通して喜怒哀楽などの情動や意欲、記憶、自律神経に深く関係している大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)を刺激することになります。

刺激を受けた大脳辺縁系は、交感神経と副交感神経からなる自律神経や内分泌機能をコントロールしている、視床下部を活性化させてくれます。ということは、匂いの刺激が脳に働きかけて、感情の基である情動や意欲を呼び覚まし、内分泌腺の活性化を図ることができるということになります。

内分泌腺が活性化されるということは、ホルモンのバランスを整える効果も期待することができるということにもなります。これが、アロマの効果なんですね。ただし、前述したとおり、ご自身に合ったエッセンシャルオイルを見つけることが大前提になるのです。

アロマでうつ病の症状を改善させましょう

アロマが全てのうつ病患者さんに効果があると、断言するわけにはまいりません。しかし、それでも多くの方がアロマの効果を得ているという事実があるのです。ここでは、実際のやり方について取り上げてみたいと思います。

品質の良いエッセンシャルオイルを選ぶこと

うつ病の症状を改善させるためにアロマを行うのであれば、品質の良いエッセンシャルオイルを選ぶ必要があります。どんなオイルでもよい、というわけにはまいりませんので、インテリアショップ、あるいは雑貨屋さんなどで販売されている安価なタイプのオイルはやめておきましょう。

アロマを実践する方たちの中には、アロマオイルでマッサージを行う場合もあるでしょう。もし、アロマオイルを作るのであれば、さらに高品質のものを選ぶ必要があります。

うつ病に効果のあるエッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイルの中には、うつ病に効果があると言われている種類のものがあります。同じアロマを行うのであれば、やはり効果があると言われているものを使った方が良いのは、当然のことであります。推奨されいるオイルは下記の通りになります。

  • ベルガモット
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • サイプレス
  • クラリセージ
  • ローマンカモミール

上記以外にも、ネットで検索するとさらに色々と出ているはずですので、ご自身に合ったものを選んでください。香りというものは、個人の好みに大きな差があるはずですので、そこは本人が直接確認するしかありません。

アロマオイルを使ったマッサージの効果

エッセンシャルオイルは、それぞれの効能には若干の違いはあるにしても、品質の良いものを選ぶことで、香りに違和感がない限り、リラックス効果を期待できるはずです。また、アロマオイルを使ったマッサージは、血液循環やリンパ液の流れを活性化させてくれます。

副作用の殆どないアロマ

アロマには副作用がありません。うつ病の薬物療法には、副作用が強く出てしまうものもありますので、副作用の心配をする必要がないアロマは、その効果次第では非常に魅力があると言えるでしょう。

ただし、妊婦さんにはオススメできません。もし妊婦さんがアロマを希望するのであれば、必ず主治医とご相談してくださいね。安易な自己判断は危険です。また、エッセンシャルオイルの種類によっては、使用直後の日光をNGとしているものもありますので、合わせてご注意いただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る