TOP > > うつ病の改善は医者によって大きく変わる!良い医者の選び方

うつ病の改善は医者によって大きく変わる!良い医者の選び方

ストレスの多い現代社会では、たくさんの人が精神的に追い込まれ、うつ病に悩んでいます。うつ病だと自覚して病院に行き、確かにうつ病だと診断されれば薬がもらえます。しかしうつ病は決して薬で治る病気ではありません。心のケアまでしっかりと診てくれる良い医者を選ぶことが何よりも大切です。

基本的な姿勢がある医者を選ぶ

医者であろうが患者であろうが、まずは挨拶が人との間では基本です。挨拶もろくにしてくれない医者は良くありません。また、診察では患者の顔色や様子をしっかりと見るのは基本です。特にうつ病は心の病ですから、きちんと患者の顔と目を見て診察してくれる医者でなければいけません。

医者という立場から患者側を見下ろしてくるような態度をとってくるのも、人としての基本姿勢ができていません。うつ病は精神的に不安定だからこそ起こります。患者と同じ視点になって、意見を聞いてくれる医者でなければいけません。このようにまず医者を見て、会話をしてみて、直感的に自分が「いやだな」と感じる場合、その医者は避けた方がよいでしょう。

薬を正しく説明してくれる医者を選ぶ

うつ病だと診断を受けると薬を処方してもらえますが、その薬についてきちんと説明してくれる医者を選びましょう。また薬の副作用なども、こちらが聞かなくても事前に注意事項として説明してくれる医者が理想的です。

また、患者側から薬の効果や副作用について質問をした時にも、分かりやすく丁寧に説明してくれなければいけません。うつ病の薬は副作用の事例がとても多く、患者としても服用に不安があります。あれこれと質問をしたら、答えを面倒くさがるような医者ではいけません。

薬をむやみに増やさない医者を選ぶ

うつ病の症状に改善がみられない場合、ドンドン薬を増やしてきたりする医者には要注意です。薬の副作用によって症状がさらに悪化していくおそれがあります。そのような場合は、もうひとつ別の医者にかかるセカンドオピニオン、場合によってはサードオピニオンを求めましょう。

他の医者に診てもらったら、余分な薬は減らされたというケースも少なくありません。うつ病の治療に薬を増やしたり、変えたりするだけの、処方だけで対処してくる医者は、本当に患者の身体のことを考えているとはいえません。

自分でインターネットなどで事前に調べる

良い医者か見極める方法として、まず診察に行く前に自分で調べておくと良いでしょう。今はインターネットの時代ですから、診察を受けたいと思っている病院を検索して、評判をきちんとチェックしておきます。

ホームページを持っている病院は多いですし、診察してくれる医者のことや、その他の情報をできるだけ幅広く集めておきましょう。また、うつ病ではどんな薬が処方されるのかを事前に調べておけば、診察時に質問がしやすくなりますのでおすすめです。

このように、患者側から見て心からしっかりと安心して信頼できる医者を選ぶことが大切です。うつ病を診てくれる医者というのは、ある意味心のカウンセラーもかねていると思います。ですから、薬の処方だけではなく、本当に患者の苦しみにきちんと向かい合ってくれる良い医者を選んで、診察を受けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る