TOP > > 冬になるとうつになる?冬季うつ病の症状と予防法について

冬になるとうつになる?冬季うつ病の症状と予防法について

冬になると朝起きるのがつらい、何となく憂うつで外に出たくない、というのは誰でも経験のある気分の変化ではないでしょうか。でも、長時間寝ても眠く睡眠時間が著しく増えたり、何もやる気が起きず仕事や日常生活に支障が出るような状態が続く時は「冬季うつ病」かも知れません。

冬季うつ病とは?

冬季うつ病は、名前の通り冬(10~12月頃)にうつの症状が現れる病気です。通常のうつと同じく自己否定的になったり、やる気や集中力がなくなって仕事に支障が出たりします。

それと同時に、睡眠時間が長くなり、主に甘いものや炭水化物を過食し太ってしまうというような、うつ病とは反対の睡眠欲や食欲の増加が見られるのが特徴です。

冬になると寝ていたい、何となく元気が出ないというのは、多くの人が感じることでしょう。しかし、一日中憂うつでやる気のない状態が続き仕事や日常生活に支障が出るほどになると、やはりうつの症状が疑われます。

また、寒い季節に甘いものを食べたくなったり太るのも普通ではないかと思われるかも知れませんが、ずっと甘いものを食べている、甘いお菓子のことしか考えられないというくらいの食欲はやはり注意した方がよいといえるでしょう。

そして何といってもこの冬季うつ病は春(3月頃~)には回復し元気になりますので、うつ症状だと自覚していない人も多いのです。

冬季うつ病にならないためには?

冬季うつ病は、冬の日照時間の短さと関係があると言われています。冬は寒くてできるだけ外に出たくないということもあり、日光を浴びる時間がさらに減ります。

もちろんそれが原因でうつ状態にまでなるかどうかは人によりますが、やはり日光を浴びなければ体内時計が乱れ、うつの症状を引き起こしやすくなるのです。以上のことから、冬季うつ病を予防するには冬でも積極的に外へ出て日光を浴び、体内時計をきちんと働かせるようにすることが大切です。

朝は早く起きるようにし、まずはカーテンを開けて朝日に当たることから始めるのがよいかと思います。午前中の間によく日光を浴びることに加え、適度な運動もうつ予防に繋がりますので、朝は外へ出てウォーキングやジョギングなどをしながらたくさん太陽の光を浴びて、冬季うつ病をしっかりと予防しましょう。

朝はどうしても起きられないという方でも、昼間に日光をたくさん浴びると夜の早寝、そして朝の早起きにつながりますのでぜひ意識して外へ出てみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る