TOP > > 冬が来ると起きる「冬季うつ」を回避する方法

冬が来ると起きる「冬季うつ」を回避する方法

冬になると気分が落ち込む「冬季うつ」。最近ではよく耳にするようになりましたが、自分がそうとは気付かないでいると冬の間ずっと苦しい思いをしてしまうことになります。どのような症状が冬季うつなのか、体調を振り返ってチェックをしてみましょう。

冬期うつの症状

  • 甘い物が食べたくなる、食べる量が増える
  • 太る
  • 眠気が取れず、よく眠る
  • 疲れやすい
  • やる気が起きない
  • 気分が沈む
  • 考えが否定的になる

大事なのはこれらのサインを見逃さないことです。

食欲の秋から引き続いて食べ物がおいしいのだろうと思い込んでしまって、過食や太り気味のサインを見逃すケースはよくあります。日頃でもありがちな症状のために、よく食べたから眠いのだろうとか、寒いから疲れやすいんだ、というふうに、自分を納得させてしまいがちなのです。

しかし、それまで好きだった趣味に対して「めんどくさい」「いつものように楽しめない」と感じることがあれば、上記のような状態を全部含めて、冬季うつの症状だと言うことが出来ます。

外に出る気がしない、仕事や家事がいつもより負担に感じる・・・「寒いから体が動きにくくて、なんとなくそんな気持ちになるものだ」などと、思い込んではいないでしょうか。

なぜ冬だけうつになるのか

冬季うつが発症するのは秋口から春先まで、大体は季節の変化とともに治ります。

つまり日が短くなり、日を浴びる時間が減ってしまうことが原因なのです。冬季うつは別名「季節性気分障害」とも言われ、日照時間の減少が体に与える影響で起こることが証明されています。

同じ日本でも、日がよく当たる県と日照時間の少ない県を比較すると、少ない県ほど冬季うつにかかる人が多いというデータも出ているほどですが、「うつ」という言葉にまだ拒否感があるためか、自分がかかっていることを認めたがらない人もいます。

例えば緯度が高い国が多いために冬季うつにかかる人は非常に多く、ごく一般的な症状として知られています。日本でも最近になってやっと注目され始めましたが、おかしなことでも、特別なことでもないので、怖がる必要はありません。

冬季うつを上手に回避するコツ

春になればおさまる自然の現象とはいえ、長ければ半年にも及ぶ時間を、うつの状態で過ごすのは苦しいことです。上手に回避出来るコツを覚えて、すぐれない気分から脱却しましょう。

生活のリズムを崩さない

冬の朝は遅いため、いつまでも布団に入っていたくなりますが、起きる時間を変えると体内時計のリズムが狂ってしまいます。いつもと同じ時間に、暗ければ明かりをつけ、部屋を暖めてきちんと起きる習慣をつけましょう。

日光を浴びる時間を意識して増やす

寒いのでつい部屋の中で過ごす時間が長くなりがちですが、太陽が出ているわずかな時間を逃さずに日の光を浴びる努力をしましょう。少しでも外に出て、日を浴びながら散歩するだけでも気分はだいぶ落ち着きます。

ビタミンを摂る

日光がよく当たっている季節は、睡眠や活動のために必要なそれぞれのホルモンがきちんと作られてコントロールされています。そのバランスが崩れてしまうためにだるさや眠気が強くなってしまうので、しっかりと栄養を摂る必要があります。

  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンD

これらは必要なホルモンを作るために働いてくれるビタミンです。青魚や肉、野菜などバランスの良い食事をしっかり食べることが大前提ですが、どうしても不足していると感じた時にはサプリメントで補うのも良い方法です。

お正月休みに南の国へ旅行する人も多いと思いますが、これも冬季うつにとっては実に良い解消法です。旅行する機会がある人は、ぜひたっぷりと日差しを浴びて、大いに笑って、うつなど吹き飛ばして元気に帰って来て下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る