TOP > > たんぱく質の不足による老化やうつ病の原因を改善しよう!

たんぱく質の不足による老化やうつ病の原因を改善しよう!

健康や美容に対する意識が高まっている現代において、特に女性に言える事なのですが、フルーツダイエットなど何かに偏ったダイエット法を取り入れている人が多くいます。

確かに、健康的な身体や、お肌の美容効果を高めるために、フルーツなどからビタミンを摂取することは非常に重要なのですが、偏った食事をしていると、この摂取したビタミンが、アナタの栄養になっていないこともあり得るのです!

特にビタミンをしっかり吸収し、アナタの美肌に効果をもたらすためには、同時にたんぱく質の摂取も欠かせません!また、たんぱく質などが不足していると、老化を早めたり、うつ病の症状を発症してしまう可能性もあります。

良質なたんぱく質の摂取と、バランスの取れた食生活を意識し、美容効果を高めると共に、老化やうつ病などの現代病を予防しましょう。

美容に対する勘違い

美容に関する意識が高い人やダイエットを意識している人に限って、ビタミン信仰がハンパなく、過剰にビタミンを摂取しようとします。

確かに人間の健康には、ビタミンは必要不可欠な栄養素ではありますが、実はビタミンを過剰に摂取をしてしまっても、すべてが自分自身の栄養素になるわけではなく、過剰な分は栄養素とならずに体外に排出されてしまうのです。それどころか、排出されない分については、体内に蓄積されてしまい逆に副作用を起こしてしまう可能性もあるのです。

たんぱく質が不足しているとどうなるか?

たんぱく質はビタミンの吸収を助ける働きもあります。そういう意味では、ダイエットに取り組んでいる人は、ビタミン不足を心配する前に、たんぱく質が不足しないように心掛ける必要があります。

タンパク質の不足によって起こるマイナスの影響

・基礎代謝が下がり痩せにくい体質になってしまう

たんぱく質は筋肉の基にもなっており、不足することによって筋肉の絶対量が減ります。筋肉が減ってしまうと基礎代謝能力も低下してしまうため、ダイエットをするつもりが脂肪を蓄える結果になってしまいます。

・肌にハリがなくなり、老化してしまう

無理なダイエットをしている人に良く見られる現象ですが、ダイエットで体重は減少したものの、全体的に老けた印象を受ける事があります。これは、お肌の美容には欠かす事のできないタンパク質によって構成されているコラーゲンが現象したために起こるのです。

・病弱になる

たんぱく質が不足すると、人間として普段持っている抵抗力が弱まるため、ちょっとした風邪菌や細菌を排除する能力が無くなってしまいます。すると、簡単に風邪をひいたり、その他病気などの感染症にかかりやすくなってしまいます。

・頭の回転が遅くなる

たんぱく質が不足することによって、脳に十分な栄養が周らず、脳の働きを弱めてしまいます。すると、記憶力や集中力が落ちるだけでなく、頭の回転が遅くなり、仕事に集中することも出来なくなります。

・うつ状態を発症してしまう

たんぱく質は、神経系にも寄与しており、たんぱく質を摂取することによって、精神的な安定を保っています。なので、逆にたんぱく質が不足してしまうと、精神的な安定を失い、場合によっては、うつ病を発症してしまう可能性を持ち合わせています。

どのようにたんぱく質を摂取すれば良いの?

たんぱく質の重要性については説いてきましたが、ではどのようにたんぱく質を摂取すれば良いのでしょうか?たんぱく質は重要な栄養素ではあるものの、大量に摂取することが必ずしも良いわけではありません。適正量としては、一般的には、1日当たり、体重1キログラムに対して1gのたんぱく質が必要と言われています。

それ以上の過剰な摂取も適していません。また、たんぱく質と一言で言っても、その種類によって消化や吸収スピードに違いがあるのです。卵の白身や、脂質が少ない魚などは比較的消化・吸収が早いたんぱく質であります。また、赤身の肉や鶏肉などは消化・吸収スピードが遅い食品の代表となります。

よって、栄養分をすぐに必要としている朝のタイミングでは、卵の白身や魚など、消化・吸収の素早い食材を口にすることで、身体のエネルギーを作り、それ以降は、赤身の肉や鶏肉など、消化・吸収スピードが遅い食材を摂取し、ゆっくりとしたスピードで吸収をし続けることによってエネルギーを保つようにしましょう。

ということで、ダイエットをしよう!と、たんぱく質を断ってしまうような方法を続けていると、身体の機能に何らかの不都合が生じ、ガタが発生する可能性が大であります。たんぱく質摂取においても、ビタミン摂取においても、無理のない、バランスの取れた食習慣を身につけましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る