TOP > > 砂糖の摂り過ぎ要注意!うつ病を招きます。依存症の恐れも・・・!

砂糖の摂り過ぎ要注意!うつ病を招きます。依存症の恐れも・・・!

糖分というと脳が欲する唯一のエネルギーというイメージがあると思います。しかし、実際には脳が欲する糖分は、砂糖のように直接血糖値を上げる「直接糖」の事ではありません。

脳が必要としている物は、炭水化物から体内で分解を繰り返し、その後体に吸収される「間接糖」の事を言います。脳が糖分を必要としていることは間違いないのですが、だからと言って砂糖をはじめとする糖分そのものを摂取することは体にとって大きな問題です。

直接砂糖を体に取り入れると・・・

直接体に吸収された糖分は細胞を破壊しやすく、それによってウィルス等の感染症にかかりやすい体にしてしまいます。そして怖いのが砂糖のとり過ぎが原因になる低血糖症です。

清涼飲料水や糖分を多く含むお菓子などを多く摂取すると、血液中に糖が入りそれが急激な為、体は大量の糖分が血中に入ったと思い、必要以上のインシュリンを分泌します。それにより今度は低血糖に、そしてそれを改善しようと今度はアドレナリンが分泌されます。

インシュリンが大量に分泌されると疲労・不安・集中力の低下を招き、逆にアドレナリンが分泌されると体が震えたり、心臓がどきどきするなどの不快な症状が出ます。これはうつ病の症状に似ていますが、実際のうつ病とはメカニズムが違うのです。

現代人の食生活の乱れがこの低血糖症が原因となるうつ病の蔓延につながっているようでうす。空腹時にイライラしたり、感情のコントロールが出来なくなるのもこの低血糖症が原因です。

低血糖症の認知度

この低血糖症ですが、医師の方々にもまだ認知度が低いようです、その為一般的なうつ病と診断され、治療を続けても改善されず、むしろ悪化していくこともあるようです。

精神科に通っても一向に改善がみられない場合は、一度自分の食生活を見直し、低血糖症を疑ってみる必要もあるかもしれません。もし食生活で糖分の多い菓子パン・お菓子・清涼飲料水を多く摂っているようなら低血糖症の可能性があります。

砂糖による依存の問題

最近になって砂糖依存症という言葉が聞かれるようになってきました。依存症というとまるで覚せい剤やコカインのようですね、大袈裟に思われるかもしれませんが、事実なのです。

砂糖が多く使用されたスイーツ等を食べると血糖値が上昇し、なんとも言えない幸福感を得られます。しかしその後一気に血糖値は低下する為、イライラしたり落ち着きがなくなります。そしてまた甘い物を食べてしまう・・・。

薬物の中毒症状と同じですよね、実際にラットを使った動物実験では、コカインより砂糖を選んだという結果も出ています。また薬物と違い砂糖は簡単に手に入りやすいという問題もあり、なかなか依存症から脱却できないのです。

たかが砂糖と思われるかもしれませんが、依存症からの脱却が困難で、しかも精神疾患の原因にもなり、また食事のコントロールが出来なくなることで、過食などにもつながります。糖尿病・認知症等の恐ろしい病気へつながっていきます。

高血圧などの原因として世間では減塩の意識はかなり高まってきています。しかし砂糖については虫歯の原因とかダイエットの敵、ぐらいの認識だと思います。しかし薬物中毒と同じぐらいの強い依存性を持ち、時には人を狂気に走らせる危険性を持っています。

そしてこれは砂糖であっても、三温糖であっても黒砂糖であっても同じです。甘いスイーツなどは非常に魅力のある食べ物ですが、危険性を十分理解しておきたいですね。そして脳が必要としている糖分は、日常のバランスの取れた食事から十分得られることをお忘れなく!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る