TOP > > 季節性のうつ病は春が断然多い!うつを発症させない5つの心構えとは

季節性のうつ病は春が断然多い!うつを発症させない5つの心構えとは

長い冬も終わり少しずつ暖かくなってきましたね。春は心も身体も何かウキウキしているように感じる季節です。ところで、皆さんは季節の変わり目などに気分が落ち込んだり、身体がだるくなるような症状が出たことはありませんか?このような症状は季節性のうつ病が原因かも知れません。

季節性のうつ病は「季節性感情障害」「季節性情動障害」とも言われている病気で、特定の季節にのみ発症が見られるうつ病の一種です。

最近、春になるとなんとなく気分が落ち込んで何もやる気が起きなくなったり、異常な身体の疲れを訴える人が増加しているそうです。冬場に季節性のうつ病を発症する場合は、気候や日照時間の問題が考えられますが、春はそれとはちょっと違う理由がありそうです。

うつ病は長い間、精神疾患として考えられてきましたが、最近では脳内物質が原因の病と捉えられています。しかしながら脳内物質の分泌異常の原因が、ストレスであったり過度の疲労である可能性も高いのも事実です。精神的なダメージがうつ病の一因であり、季節性のうつ病も例外ではないでしょう。

日本独特のアレも季節性のうつ病だった?

皆さんは「5月病」という病気を知っていますか?じつはこの病気は感染症などの病気ではなく、うつ病の一種とも考えられる病気なのです。大抵は学校や会社で起きるもので「学校に行きたくない」「会社に出社するのが怖い」などの理由により休学したり退職することになるのです。

このようなことは昔から日常的に繰り返されており、「さぼり病」とか「根性なし」などのレッテルを貼られる結果を招いていました。

しかし、実はこの5月病も季節性のうつ病であり、過度のストレスが脳内物質の分泌を阻害した結果かも知れません。根性論とは全く違う病気だった可能性もあるのですね。

春に季節性のうつ病にならないために注意したい5つの心構え

日本の生活において春は生活が一変してしまうことが多い季節であり、それによって様々な精神ストレスを蓄積してしまいます。卒業式、入学式、入社、転職、引越しなどは、大きな期待もありますが同時にストレスも感じてしまうでしょう。

このようなことの積み重ねでうつ病が発症してしまうのです。春に季節性のうつ病にならないための心構えを紹介しましょう。

  • 春の行事と言えば「引越し」ですよね。気候が暖かくなると行動的になってしまい、つい引越しを決意する人も多くなります。しかし、期待と裏腹に引越しが失敗した場合は、後悔などの大きなストレスが生まれてきます。引越しには事前調査など慎重に行動することが重要です。
  • 引越しと同じく「転職」「入学」を迎える人も多くなります。転職や入学は今までの人間関係を大きく変えるきっかけになりますので、精神的な負担は相当なものです。転職や入学する場合にでも以前の友人との付き合いを継続させるなど、全ての人間関係をリセットしない工夫が必要です。
  • 春と言えば様々な行事が貴方を待っています。卒業式、入学式、入社式、歓送迎会、各種式典などですが、全てに参加していてはストレスも蓄積されるかも知れません。無理をしないで余裕を持って参加したいものですね。
  • 寒い冬から暖かい春を迎えることは、気候に寒暖差を生むことになります。寒暖差は身体の自律神経を乱す原因になりますので、春だからと言って急に薄着をするなどせずに身体を温めましょう。
  • 気候が暖かくなったので、スポーツを開始する人も多いようです。冬の間に動かさなかった身体は筋肉も弱っており、疲労が蓄積されやすい状態になっています。急激に運動することは過度な疲労を招きますので、徐々に身体を動かすように心掛けましょう。

春は様々な変化をもたらす季節ではありますが、急激な変化は私達の身体に大きな精神ストレスを蓄積させる原因になります。気候もそうですが、少しずつ慣らすことが何よりも重要だということを理解して下さいね。

今年の春はストレスフリーで行きましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る