TOP > > ビタミンDが心の健康を保つ?ビタミンDの驚き効果と摂取法

ビタミンDが心の健康を保つ?ビタミンDの驚き効果と摂取法

ビタミンDと言えば、一般的に知られている知識としては人間の身体の基礎となる皮膚や筋肉の発達にとって欠かせない栄養素と言われていますが、ビタミンDの効果はこのような基本的な効能だけにとどまらず、現代病と言われる心の病を救う効果があると言われているのです!そんな現代の救世主と言えるビタミンDの凄さを有効な食物などとともにご紹介していきたいと思います。

ビタミンD不足が引き起こす健康被害(その1)

ビタミンDが不足してしまうと、どのような病気を引き起こすかご存じでしょうか?一般的にも知れ渡っているのは、腕や足などの骨が変形したり、成長不全を起こしてしまう「くる病」という病気です。他にも皮膚や筋肉など、人間の身体を構成する基礎的な部分に大きな健康被害が及ぶと言われています。

ビタミンD不足が引き起こす健康被害(その2)

ビタミンD不足が引き起こす健康被害(その1)をご紹介しましたが、実は(その1)のように、身体の外的な部分での被害以外にも恐ろしい健康被害があるのです。それは、「心の病」にも影響を及ぼす、ということなのです。

ビタミンDが不足すると、いわゆる統合失調症という病気を発症するリスクが、不足していない人の2倍以上にも跳ね上がるのです。逆に言うと、既に統合失調症の人は、半数以上がビタミンDが欠乏している状態である事が分かっております。

食べるだけじゃない!ビタミンDの摂取法

皮膚や骨といった、身体を構造する要素の健康に大きな影響を与えるのが、ビタミンDの不足状態と言われていましたが、近年の研究によって、心の健康状態にも大きな影響を及ぼすことが分かったということで、ビタミンDを多く取り入れられるように、健康的な食習慣を心掛ける事が必要になって来ました。

また、ビタミンDは、日光に当たる事で身体の中で製造されると言われております。よって、普段の食生活からのアプローチとともに、太陽光を積極的に浴びることで、ビタミンD不足を補う必要があります。

現代人は、紫外線の影響を気にするあまり、太陽の直射日光を避ける傾向にある人が多いですが、ビタミンD不足を痛感している人は、過剰に日光を避けるのではなく、適度なバランスで日光に当たる事も必要と考えられます。

また、食事面からのアプローチに関しては、魚介類、卵類、キノコ類などの食べ物に多くのビタミンDが含まれておりますので、これらの食材を積極的に摂取することを心がけましょう。

ということで、ビタミンDの効能についてご紹介してきましたが、現代は全世界で約10億人の人がビタミンD不足の状態と言われております。つまり、約10億人の人が「心の病」予備軍と言っても過言ではないでしょう!これを予防するために、ビタミンDが豊富な食材を積極的に摂取し、適度に日光に当たるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る