TOP > うつ病

うつ病に負けない

うつ病とは、よく「心の風邪」と呼ばれます。それだけ、誰でもなり得る病気だということで、早く気付けば、完治も出来ると言われています。うつ病の根本的な原因は、脳の機能障害だということなのですが、その症状や治療を見ていると、「なまけている」「だらだらしている」と捉えられやすく、そのことが、患者本人が自分自身を責めることにつながることにもなります。「うつ病」は、病気です。その病気を抱えている患者の気持ちを考えてください。
こちらのカテゴリでは、「うつ病」についての症状や治療方法などを、ご紹介しています。ご家族に、うつ病の方がいらっしゃる方は、ぜひ読まれて、参考にされてください。

うつ病の症状

うつ病には、大きく分けて、「うつ病性障害」と「双極性障害」があります。「うつ病性障害」というのは、ふつうに生活することに困難を感じるほどの強い不安感や、気分の落ち込み、睡眠障害、体の不調(頭痛、肩こりなど)が現れます。一般的にはそれらが、2週間以上続く状態のことを言います。「双極性障害」というのは、鬱(落ち込んでいる時)と、躁(ハイテンションな時)の状態とが現れます。一定期間で入れ替わるものではないので、なかなか気づきにくい症状です。
最近は、気分が落ち込むと「鬱っぽい」などと、「造語風」に用いられることも多いようですが、うつ病の患者にとっては、「ぽい」という状態ではないので、理解をしていただくことが必要です。

・鬱かもしれないと思ったら
うつっぽいと思うあなたはうつとは何かを知っておきましょう
鬱かも知れない。人に会いたくない。やる気のでない時に。
思い当たる人は生活を見直して!うつを引き起こす生活習慣とは

・肩こり、頭痛も鬱のサイン
うつなのになぜ痛みを感じるのか?その理由と対処法について
発症率は男性の2倍?女性のその症状もうつ病の兆候かも

うつ病の治療

うつ病の一番の治療は、「静養」です。大きなストレス、過度の労働、睡眠不足などの原因があり、うつ病となることが多いので、まずは、それらの原因から一旦隔離し、「大丈夫だよ」と安心させてあげることが、回復への一歩となります。
また、うつ病は、脳の機能障害が一因で起きることが分かっており、その回復には「セロトニン」という成分が、効果を上げるとされています。「セロトニン」を増やす食事で、予防も出来ますので、家族の中で元気がない人がいる方は、食事療法を試してみられるといいでしょう。

・うつ病を改善するために
適切な治療でうつ病は治る!うつ病の3つの治療方法について
朝日の持つ不思議な健康パワー!朝日を浴びる3つのメリット

・セロトニンを増やしてみよう
貴方の食事は大丈夫ですか?ウツ病を改善させる食生活を探る
セロトニンを増やす食事を食卓へ~家族のうつ病を予防しよう!

うつ病の予防について

うつ病の予防としては、悩み、ストレス、不安を、一人で抱え込まないことです。相談できる人を見つけ、何かある場合は、すぐに話せる関係を作っておくこと。また、相談をされた人は、「気のせいだよ」「誰でもそうだよ」等と安易に流さず、とりあえずは、「分かるよ」「何かあったら、話してね」と、その人の不安や悩みを「認めてあげること」が大事です。予防としては、「分かってもらえる」「一人じゃない」と思えることが、大事。一度うつ病になってしまうと、完治への道は厳しいものがありますが、「理解してもらえる」という気持ちがあれば、再発は防げるはずです。

うつ病の再発を徹底予防!予防のためにしておきたい5つの事
女性に多い「引越しうつ」。新居で元気に暮らすための心の持ち方とは

知っていてほしいこと

うつ病になったばかりの時というのは、病院から「静養」をするように。と告げられると思います。この頃の症状としては、過眠の症状が多くみられ、一日中眠っているようなときもあります。主婦であれば、家事もせず、ただ眠っている、という状況は、「だらけている」「怠けている」と捉えられがちです。そのことに、患者本人も焦りを感じていることが多く、後ろめたい思いをしている人も、少なくありません。
目に見えて「どこが悪い」とは分からないので、まわりの人は非難しがちですが、患者は苦しんでいます。時間がかかりますが、落ち着いてきますので、どうか気長に待ってあげてください。

遊んでるわけじゃない!治りかけのうつ病患者との接し方
家族がうつ病になったら。皆が無理をしないサポートのしかた

落ち込んでいる気持ちを、緩和させてあげよう!と、「食事にでも行こうよ!」と誘ってくれることは、患者にとって、とてもありがたいことなのですが、「静養中」というのは、「出かけたくない」「じっとしていたい」「横になっていたい」等の気持ちが強い時期でもあります。誘われたから、行かなくちゃ。という気持ちは、焦りを生みますし、行けなかったら行けなかったで、「せっかく誘ってくれたのに、私って・・・」と、更にマイナスの感情を引き起こす原因にもなります。
判断は、とても難しいのですが、今、患者がどのような状況にあるかをよく見て、誘っていい時期、そっとしておく時期というのを、見極めてあげてください。

頑張れは実は大丈夫?うつ病患者に本当に言ってはいけないワード5つ

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る