TOP > > スナック菓子で生活習慣病に!こんなおやつでお菓子の依存を克服

スナック菓子で生活習慣病に!こんなおやつでお菓子の依存を克服

マイルドドラッグとは?

ドラッグ(麻薬・覚せい剤など)が非常に危険であることは言うまでもありませんが、私達の身近では「マイルドドラッグ」と呼ばれる物も蔓えんしていることをご存知でしょうか?

マイルドドラッグというのは砂糖、塩、油、化学調味料、炭酸飲料のことです。ドラッグと名がつくには、本物のドラッグのような危険性(?)があるからだと言われています。

現代人に多いマイルドドラッグ中毒者

砂糖、塩、油、化学調味料、炭酸飲料は私達の食生活にはおなじみの食品です。特にこれらの調味料は現代の食文化には欠かせないものばかりで、一見それ自体が危険には見えませんよね。

しかしこれらには強い依存性があることが分かっています。ですから普段これらを食べている習慣のある人が食べるのをやめると、ドラッグのように禁断症状があらわれるのだそうです。

マイルドドラッグはイライラ、集中力の低下、その食べ物を無性に欲する、といった禁断症状を伴います。そして禁断症状を消すためにムカムカするまで食べ続けてしまうことが起こるようになります。

なんと日本人の5割はマイルドドラッグ中毒とも言われているんですよ。言うまでもなくこれらは過剰摂取すると生活習慣病のリスクを高めるものなので、中毒を克服する努力もしなければなりません。

マイルドドラッグになってしまう食べ物

例えばどのような食べ物がマイルドドラッグになってしまうのでしょうか。砂糖、塩、油、化学調味料をたっぷり使っている食べ物には

  • ファストフード
  • スナック菓子
  • 外食のメニュー
  • 和菓子・洋菓子

などがあります。またコーラやサイダーなどの炭酸飲料には予想以上に糖分がたっぷり入っているので、砂糖の依存症を引き起こしやすくなっています。

ハンバーガー、フライドポテト、スイーツ、スナック菓子などは大好きな人が多く、特に若い人には日常的によく食べている人も少なくありません。

確かに美味しいしすぐ手に入るし、食べている時は幸せを感じる魅力的な食べ物ばかりなので、安易に手が伸びてしまうのは分かります。しかし「これらの食べ物が大好き!」という人は単なる好みから来ているのではないかも。もしかしたら中毒になっていることも考えられます。

何か食べたくなったらこれを

健康のためには、栄養バランスのとれた食事をとるように自分でコントロールすることが必要になります。しかし中毒になってしまうと体がその食べ物を欲してしまい、コントロールするのは辛くなってしまいます。

中毒から抜け出すにはこれらの食べ物の摂取量を少しずつ減らしていき、最終的にはそれほど食べなくても大丈夫だと感じられる状態に変えていくようにします。

もし何か食べたくなったら、次のようなヘルシーな食べ物を口にすることをおすすめします。

  • ヨーグルト
  • バナナ
  • りんご
  • チーズ
  • ナッツ
  • 野菜スティック
  • サツマイモ

これらを組み合わせたり、ほかの果物を加えたりして食べるのも良いでしょう。腹持ちが良く栄養価が高いものばかりです。また化学調味料が添加されていないので天然のおいしさを楽しむことができます。

上手に食べ物と付き合おう

ファストフードやスナック菓子を一切やめろと言うのではありません。時には楽しく食事するのも良いことでしょう。あくまでも控えめにすることが大切です。

自宅にスナック菓子を常備しない、コンビニやファストフード店に立ち寄る習慣をつけない、食事はゆっくりよく噛んで食べるといった工夫も取り入れ、身の周りにある食べ物とは上手に付き合うようにしてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る