TOP > > 買い物し過ぎはこころの病気?その買い方は依存症かどうかチェックを

買い物し過ぎはこころの病気?その買い方は依存症かどうかチェックを

買い物し過ぎていませんか?

欲しい物を手に入れることができる買い物。何を買おうか考えたり欲しい物を手に入れたりすることは楽しいですよね。

当然お金を使い過ぎると家計に負担をかけてしまうので節度ある買い物が必要になりますが、中には借金してまで買い物にはまってしまう人もいます。このような人は「買い物依存症」になっていることも考えられます。単なる趣味ではなく、こころの病気といえる人もいます。

買い物依存症のセルフチェック

特に女性には買い物が好きな人が多いのですが、ちょっと買い物し過ぎかな、と自覚のある人は買い物依存症の簡単なセルフチェックをしてみましょう。該当する項目が多い人は要注意かもしれません。

  • 衝動買いしてしまう
  • 買い物したくて他のことが手に付かなくなる
  • 買い物をしている時に高揚感を感じている
  • 買った後に罪悪感におそわれる
  • 買ったけど使わない物が多い
  • 欲しくない物まで買ってしまう
  • クレジットカードの限度額いっぱいまで買い物をする
  • 買い物のために借金をしている
  • オンラインショッピングが大好き
  • 買った物を隠している
  • 買い物のことで家族に注意されることがある
  • 日頃から悩みやストレスがある

買い物依存症の原因

買い物依存症の大きな原因はストレスといわれています。買い物をすることで気晴らしをしているのです。

買い物をする時にはドーパミンの分泌が増えるので快感を感じます。また、買い物の時に店員から受ける丁寧な接客や、高級なブランド物や、周りの人が持っていないようなレア物を手に入れた時の優越感も快いものとなります。

この体験がくせになり、イライラしては買い物で解消することを繰り返すたびに依存症に進んでしまうのです。また、浪費のせいで生活に支障が出てくると、罪悪感から余計に精神不安定に陥り依存症がひどくなる悪循環につながることもあります。

買い物依存症にならないようにするには

誰でもストレスや悩みはあるし、時にはお金をパーッと使って憂さ晴らししたいと思うことはあるものです。それがたまになら良いのですが、依存症に至らないように気をつけなければなりません。

買い物依存症にならないようにするためには、次のような対策をおすすめします。

  • 家計簿をつける
  • 収入の範囲で買い物に使って良い予算を決める
  • たまのご褒美を買い、それ以外は衝動買いをしないようにする
  • 買い物以外の楽しみやご褒美を見つけて実践する
  • 悩みを打ち明けられる人を作る

依存症になってしまうと自分で欲求をコントロールすることが難しくなる場合があります。こころの弱さから陥るものではないので周囲の人が叱ったり励ましたりしても良くなりません。買い物依存症で困っている場合には専門医や依存症の自助会などに相談してカウンセリングを受けることをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る