TOP > > 貴方は何かに固執していませんか?治療が必要な依存症の判定ポイント

貴方は何かに固執していませんか?治療が必要な依存症の判定ポイント

私達が現代のストレス社会を生き抜いていくために、何かに頼ったり、心の支えを求めたりする行為はごく当たり前と思います。運動の後のビールが楽しみで頑張ったり、達成感を得る目的で仕事に打ち込んだりすることもあるでしょう。

そのような行為は一般的に珍しくはありませんが、この気持ちが一種の「こだわり」として変化することがあります。こだわりは「運動の後に必ずビールを飲まなくてはならない」と言う形態に姿を変え、本来の目的さえ見失ってしまいます。

「こだわり」と言う感情はやがて「依存」に姿を変化させて、それが無ければ何も出来なくなる感情さえ生まれてしまうのです。現代社会において大きな社会問題となりつつある「依存症」について考えます。

何かに依存する依存症とはどのような状態を言うのでしょう

依存症は心が原因の精神疾患の一つで、化学物質の摂取や精神的な快楽や興奮を得る行為を慢性的に繰り返した結果、その刺激を常習的にしまうことを意味します。「私はそれ(物質、人、行為など)無しでは生きていけない」と言う感情こそが依存症に該当します。

何かに依存することは、決して悪いことではありません。反対に自分にかかる精神的な負荷(ストレス)を分散させる効果もあり、精神的安定に効果が見られる場合もあります。

しかし、依存が強くなると、依存対象がないとやる気が起こらなかったり、それ以外のことを行わなくなってしまうこともあります。このような状態は依存症であり、専門医での治療が必要になるケースもあるのです。

依存症は大きく分類して「物質依存」「精神依存」「過程依存」などがあり、様々な物質や行為に対しての依存症が存在しています。依存症に陥らないためには、「自分の行為が度を過ぎていないか?」を知ることが重要であり、早期に対策を取ることが必要です。

依存症の種類とその判定方法を解説します

世の中の行為の全てに依存症があり、その数は無数にあるのかも知れません。代表的な依存症と判定ポイントを解説します。

・物質依存の中でも代表的な依存症がアルコール依存症です。アルコール無しでは生活できない状態で、昼間からでも飲酒する生活を送ります。内臓疾患や精神疾患に陥りやすく、日常生活が送れなくなる人も出てきます。アルコール依存症の判定ポイントはお酒の量と回数に注意して下さい。

アルコール依存症の人はお酒が強く、量が多くなる傾向があります。回数も毎晩だけではなく昼間も飲酒する傾向があり、またストレスをお酒を飲むことで解消できる人も、アルコール依存症に陥りやすいので注意が必要です。

・アルコールと並んで、タバコ依存症の人も多いようです。これは「ニコチン依存症」とも呼ばれており、化学物質であるニコチンの習慣性からくる依存症です。

たばこ依存症の人の特徴は、ニコチンが切れてくるとイライラ感が増し、物事に集中できなくなります。何を行う上でも「まず一服」と言う人はたばこ依存症と言えるでしょう。

・薬物依存症は快楽を得るために薬物を常習的に摂取する行為を指します。睡眠薬や禁止薬物などが該当しており、若年層への広がりが懸念されています。薬物依存症の判定ポイントは、目がうつろでやる気がなく体重の減少などが見られます。

また、幻覚や耳鳴りなどの精神障害を発症する場合もあり、危険な状況に陥りやすいのも特徴です。これらの大部分は非合法であり、危険な行為なのでまずは手を出さないことが重要です。

・人間関係に関する依存症も最近の特徴になります。特に恋愛関係の依存症は深刻であり、対象の人がいないと生きていけないなどの感情が判定のポイントになります。また一方的な好意に相手が応じてくれない場合に発症するケースもあり、この場合はストーカーなどの行為に及ぶこともあるそうです。

・ギャンブル依存症はギャンブルに勝った時の興奮状態が忘れられず繰り返し行っていくことで発症します。ギャンブルのことしか頭に入らなかったり、ギャンブルに行けないとイライラしたりすると依存症の可能性があります。またギャンブル依存症の人はギャンブルに行くためには平気で嘘をつくことがあり、判定のポイントになります。

ギャンブル依存症で有名なのがパチンコ依存症であり、特に主婦が急増していることからも注目されています。特に子供の世話をせずにパチンコ店に入り浸っている主婦もおり、たいていは夫には内緒で通っているようです。

・最近増加しているのが、スマホ依存症やネット依存症と呼ばれているものです。寝る時以外はネットにアクセスしていることで判定は可能でしょう。この依存症が進行すると人間関係を形成する能力が低下したり、引篭もりになることが懸念されます。

自分や家族が依存に向かっていると感じた場合には専門医などの意見を聞いて対応を行うことが重要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る