TOP > > 依存症は治せる?自分でもできる症状を改善・克服させる方法

依存症は治せる?自分でもできる症状を改善・克服させる方法

依存症という言葉をご存知ですか?依存症とは、とある物や行為に執着しすぎてしまう病です。一言に依存症と言ってもその種類は多種多様です。生活に支障をきたすことも多く、たかが依存症と考えるのは大変危険な心の病なのです。

物質に依存するケース

依存症には2つの種類があり、まず1つめは物質に依存してしまうケースです。代表的なものはアルコールやタバコです。

もちろんアルコールを適度に飲むのには全く問題がありません。ですがアルコールを摂取することで得られる快感に依存し過剰摂取を繰り返してしまうようになるとアルコール依存症が疑われます。

1日中アルコールを飲み続ける、アルコールを摂取しないと手が震えたり精神的に落ち着かない等の症状が現れるようになります。

一方のタバコにはニコチンという強い依存性の物質が含まれています。これにより『やめたい』という意志を持ちながら、なかなかタバコから抜け出せないケースが多く見られます。

ニコチンは体に与える影響、周囲の人に与える影響も大きく重大な問題と言えます。この他、薬物依存も物質に依存する依存症の代表的なものです。

行為に依存するケース

次はとある行為に依存してしまう依存症です。これは特定の行為に依存してしまい、それを行わないと精神的に不安定になったり日常生活が送れなくなる依存症です。

代表的なものは買い物、恋愛、性行為、ゲーム等です。物質依存と違いその行為が直接身体に害を与える可能性は低いですが、その行為がしたい為に身を滅ぼすという危険性もあり、甘く見るのは大変危険です。

依存症は生活に支障をきたすようになれば立派な心の病です。心療内科や精神科を受診することが基本となりますが、それと合わせて自分でできる症状を改善・克服させる方法があります。

心の持ち方1つで症状の改善は早くなるものです。依存症になりかけている場合にも有効なので、心当たりがある方は次の方法を検討してみてください。

1.自分が依存症であることを自覚する

まず最初に自分が依存症であること、またその傾向にあることに気づかなければなりません。依存症の患者さんの中には自分の今の状況を理解していない、もしくは認めたがらないケースが多くあります。

しっかりと自分が依存症に陥っていること、そしてそれにより日常生活に支障をきたしていることを自覚するのが治療の第一歩になります。

2.環境を変える

今自分がいる環境はその依存症をさらに悪化させるものではないでしょうか?極論ではありますが薬物依存はそのケースが大変多いです。

タバコやアルコールに誘ってくる仲間がいる、またそういう環境に置かれている場合はなかなか抜け出せないものです。たまには別の仲間と付き合ってみる、趣味を変えてみるというのもお勧めの方法です。

3.代替行為を見つける

自分が依存する行為をしたい衝動に駆られた時、それに代わる新しい行為を探しましょう。例えばタバコ依存の場合は、タバコを吸いたくなったら代わりにガムを噛むという方法がメジャーです。アルコールであれば代わりにジュースを飲む、外に美味しい食事を食べに行く等の代替行為がお勧めです。

ゲームやインターネットに依存している場合はすぐにその行為を止めるのは大変難しい事です。そもそもゲームもインターネットも生活に支障をきたさない程度に行う分には問題がないものです。1日何時間までと決めて、それ以外の時間に行いたくなった場合は散歩や買い物に出かける等、別の行為を探しましょう。

もちろん代替となるものは体に害のない行為、前向きな行為に限ります。別の依存症になってしまっては意味がありません。

4.過去や家族と向き合う

依存症に陥った原因を辿っていくと、幼少期のトラウマに由来するケースが多々見られます。一見関係のなさそうな出来事でも、過去に空いた心の傷をその行為で慰めているうちにエスカレートしたという事例があります。また家族関係が発症の原因となっているケースもあります。

もし自分の過去や家族関係に問題があるという場合は、まずそれにしっかりと向き合う事が重要となります。自分の過去を1つ1つ整理して前向きになる、何かしらの解決方法を見つけることで依存症から抜け出せる可能性があります。

家族関係に問題がある場合は家族ともしっかり話し合い、1人ではなく家族全員で協力して依存症と向き合うことが重要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る