TOP > > テレビの見方次第で認知症予防?予防効果を高める3つのポイント!

テレビの見方次第で認知症予防?予防効果を高める3つのポイント!

毎日テレビをみてと言う人も、多いのではないでしょうか?その毎日見ているテレビで、認知症予防が出来るかもしれませんよ。今回は、認知症予防効果を高めるための3つのポイントをご紹介します。

番組選びのポイント!

1つ目は、「番組選び」についてです。ただ何となくテレビをつけていても、全く脳が刺激されません。つまり、興味のない番組をただ見ているだけでは、認知症予防にならないと言う訳です。

では、どのような番組を選べばよいのでしょうか?それは、「笑える番組」です。実は笑う事は、認知症予防にとても効果的です。笑うという行為は、脳に刺激を与えます。

脳が刺激を受ける事で、認知症予防が出来るのです。ですから、コメディや笑点のようなお笑い番組を選び、思いっきり笑ってください。笑える番組を選ぶことで、認知症の予防につながります。

番組に参加する!

2つ目の認知症予防効果を高めるテレビの見方は、「番組に参加する」ということです。例えばクイズ番組を見ている時、ただボーっと見ていても、まったく認知症対策にはなりません。しかし、問題を一緒に考えると、脳が刺激され、認知症の予防効果が期待できます。

また、音楽番組を見る時に一緒に歌ったり、踊ったりすることも脳を刺激しますので、認知症対策に最適です。しかも大きな声で歌ったり踊ったりすることは、ストレス解消にもなり、健康維持に効果的です。ですから、テレビを見る時にはご自身も参加して、楽しく認知症対策を行いましょう。

番組を見終わった後に思い出す!

3つ目は、テレビ番組を見終わった後に、番組を思い出すことです。思い出すことは、脳の活性化に効果的です。ただ思い出すだけでも良いのですが、番組の感想や内容などを紙に書きだすと、更に高い認知症予防効果が期待できます。

始めは面倒に思うかもしれませんが、慣れてしまうと意外に簡単です。脳を活性化させ認知症を予防するため、ぜひ毎日の習慣にしてください。

このように、テレビの見方しだいで、認知症の予防ができます。ただボーっとテレビを見ていると、脳はほとんど働かず、認知症のリスクを高めると言われています。

でも、テレビの無い生活は味気ないですよね。ですから、上記のような方法でテレビを使った認知症予防をお試しください。楽しくテレビを見ながら、しっかり認知症の予防もできます!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る