TOP > > 認知症を徹底予防!簡単で効果絶大な脳トレ法とは!?

認知症を徹底予防!簡単で効果絶大な脳トレ法とは!?

認知症予防には、脳トレがとっても良いと言われています。でも、実際にどのような方法で脳トレをしたらよいのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、認知症予防に効果的な脳トレ方法をご紹介します。

認知症予防に効果的な脳トレ

認知症予防効果のある脳トレは、たくさんあります。その中でも特にお勧めしたい脳トレは、「記憶ゲーム」です。記憶ゲームとは、過去の記憶を探るゲームの事です。

具体的には、「昨日の夕食は何か?」「昨日会った人の服装はどのような物だったか?」「今日は何曜日か?」など、身近な記憶を思い出すゲームです。

簡単なように思われがちですが、やってみると案外混乱してしまう事が多いです。その為、ゲーム途中でイライラしてしまう人もいらっしゃいます。でも、途中で放棄してしまうとせっかくの脳トレが台無しです。

思い出すという行為は、脳の活性化を促します。その為、認知症の予防に効果が期待できるのです。自分のペースでゆっくり思い出しながらゲームを楽しみましょう。毎日続けていく事で、脳が活性化され認知症対策となります。

また、「算数」も脳の活性化に最適だと言われています。算数と聞くと、「嫌だな」と思う方がいらっしゃるかもしれませんね。しかし、認知症予防に必要な計算は、難しいものではありません。

一桁ないし二桁までの足し算や引き算で、十分に認知症予防効果を期待できます。むしろ、難しい問題を解くよりも、脳を広範囲に刺激するため、認知症予防効果が高いと言われています。

つまり、難しい計算式を解くよりも、一桁から二桁の足し算や引き算を暗算で行ったり、早く計算したりすることの方が、脳を広範囲で刺激するため、認知症予防効果が高いのです。

ですから、毎日簡単な計算を行ってください。毎日続ける事で、脳が刺激を受け、認知症の予防につながります。

このように、認知症予防のための脳トレは、とても身近で簡単な物が多いです。これ以外にも、たくさんの方法があります。

しかしまずは、思い出しゲームや簡単な計算式などの簡単に始められる脳トレを、遊び感覚で毎日続けていく事がお勧めです。やはり続けなくては意味がありませんので、楽しみながら脳トレを行ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る