TOP > > 認知症は何科が専門?専門の科と治療内容について

認知症は何科が専門?専門の科と治療内容について

認知症が疑われる場合、一刻も早く治療に取り掛かった方が良いと言われています。でも、いったい何科を受診したらよいのでしょうか?今回は、認知症が疑われる場合にお勧めしたい科と、病院での治療内容について、ご紹介していきます。

認知症の治療にお勧めの科について!

認知症は、誰がかかってもおかしくない病気です。その為、自分や家族が認知症になる日が来ることもあり得るのです。でも、認知症にかかった場合、いったい何科を受診したらよいのか、ご存知でしょうか?

認知症患者さんを多く診察している科としては、精神科、もの忘れ外来、老年化、神経科などです。いずれも全国各地にたくさんあり、利用しやすい科です。しかし、中でも近年急激に人気を高めているのは、「もの忘れ外来」です。

もの忘れ外来は、精神科などと比べると、まろやかなイメージで初診の際にも敷居が低いです。しかも、認知症患者さんがたくさん診察に来ていますので、誤診のリスクも低いと考えられます。ですから、認知症にかかった際には、ぜひご利用ください。

認知症の治療内容について!

認知症にかかった場合、一刻も早く治療に取り掛かりたいですよね。でも、病院ではいったいどのような治療が行われているのでしょうか?病院での治療としては、投薬治療が中心となります。

特にアルツハイマー型の認知症に関しては、かなり効果的な薬が開発されています。病気の進行を緩やかにすることが出来る薬が開発されているのです。認知症は、放っておくとどんどん進行していきます。

そして、曜日や時間、日にちなどの認識が出来なくなったりもします。更に、家族の識別が出来なくなったり、徘徊、妄想といった症状も現れていきます。

しかし、病院で認知症の薬を処方してもらう事で、症状の進行を抑える事が出来るのです。そして認知症の症状を抑える事が出来れば、自分らしい生活を長く送る事が可能になります。

また、認知症の研究は盛んに行われていますので、これから更に効果的な薬が開発されるかもしれません。近い将来認知症は完治が可能な病気になる事も考えられます。ですから、認知症だと診断されたとしても、悲観的にならずに前向きに治療に取り組みましょう。

このように、認知症は、もの忘れ外来や精神科などで、適切な治療を受ける事で、進行を緩める事ができます。ですから、「何となくおかしい」と思った時点で、病院に行くことをお勧めします!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る