TOP > > 物忘れ?認知症?60代から心掛ける認知症の自己チェックと予防

物忘れ?認知症?60代から心掛ける認知症の自己チェックと予防

日常生活の中で、ちょっとした物忘れを経験することは、誰にでもあることです。40代、50代、60代と歳を重ね、物忘れの回数が増えてゆくと、もしかすると自分は呆けてきたのかもしれない、と心配になる人も多いと思います。単なる物忘れと認知症の違いを、自分でチェックする方法をご紹介します。

認知症は、ある日突然かかる病気ではない

認知症と聞くと、家族の顔や名前を忘れたり、夜中に徘徊するというような、比較的重症な症状を思い浮かべるかもしれません。しかし、そのような症状になる以前には、よくある物忘れのような程度の軽い症状があり、それが徐々に進行していき、明かな認知症の症状が見られるようになります。

認知症の予防にとって重要なことは、よくある物忘れの症状を単なる物忘れと考えるか、認知症かもしれないと予防の意識を持つかということです。

認知症は、ある日、突然発症するような病気ではありません。日々、少しずつ病気が進行していきます。その兆候を自分自身で客観的に把握することで、病気の進行や症状の悪化を遅らせることもできるということです。

物忘れと認知症の違い

物忘れは、加齢によって脳の機能が衰え、記憶力や思考力が衰える、いわば脳の老化現象ですが、認知症は何らかの理由で、脳が正常に働かなくなる脳の病気です。

例えば、今朝食べた朝ごはんのメニューが思い出せないのは物忘れですが、朝ごはんを食べたこと自体を思い出せないのは、認知症と言えます。物忘れは、記憶が部分的に抜け落ちるのですが、認知症は記憶のある期間が、すっぽりと全部無くなってしまうのです。

認知症の自己チェック

認知症は、ある期間の記憶そのものが無くなってしまうので、自分でも自分の記憶がなくなっていることに気がつきません。認知症の患者の多くは、自分が認知症にかかっているなどとは、思いません。ここが、認知症のとても難しいところです。次にあげる項目で、認知症かどうかチェックしてみましょう。

  • 自分で電話番号を調べて、電話をかけることができる。
  • ひとりで、バスや電車に乗って出かけることができる。
  • 銀行預金や郵便貯金の出し入れが、ひとりでできる。
  • 自分で食事や掃除、洗濯などの家事ができる。
  • 薬を決められた分量、決められた時間に飲むことができる。
  • 手紙や文章を書くことができる。

ここにあげたものは、全て日常生活を不自由なく送ることができるか、をチェックするものです。単なる記憶の喪失をチェックするのではなく、生活に支障がでているか、という視点で認知症の進行を見極めることが大切です。

また、次に上げる項目は、認知症に気づいた家族が多くあげる症状です。家族に指摘された事がないか、チェックしてみましょう。

  • 同じ事を何回も言ったり、何回も同じ事を聞く。
  • 話のつじつまが合わなかったり、意味のわからないことを言う。
  • 今までより頑固になった。
  • 財布や物を盗まれたと騒ぐ。
  • 約束事や、約束した日や時間を間違える。
  • 些細なことで、すぐに怒り出す。

このような症状は、自分では、なかなか気づかないことばかりです。もし、家族や周りの人、あるは医師から、このような症状があり、認知症ではないか、と指摘された場合は、素直に認知症なのかもしれない、と自分自身を説き伏せる覚悟を、認知症になる前から持っておくことが大切です。

認知症になってしまってからでは、正常に判断することができなくなるからです。

認知症は早期発見・早期治療が重要

認知症は、その原因によっては、早期の治療によって治る場合があります。また、病気を早く見つける事によって、薬の利き目を高めることができ、認知症の進行を遅らせたり、軽度にとどめる事もできます。認知症の疑いがあっても、決してあきらめず、治療することが大切です。

認知症の予防にとって大切なこと

認知症は、初期の段階で、どう行動するかが、その後の症状に大きな影響を与えます。まだ、自覚があるうちに対策を講じることがとても重要です。

もし、認知症の症状に心あたりがある場合は、躊躇せずに、自分から専門医の診察を受けに行くことをお奨めします。最近では、「もの忘れ外来」という物忘れや認知症を専門とした医療機関もあります。

決して臆せず、意地をはらず、気楽な気もちで診察を受けてみることが大切です。家族や他人から病院に行けと言われると、腹も立ちますから、自分から進んで診察に行く勇気も大切です。

認知症は脳の病気が原因です。決して人間としての能力が劣っているわけではありません。自分や家族や友人との、これからの関係を良好に保つためにも、自己チェックと自発的な治療を、常に心掛けるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る