TOP > > 行楽シーズンは脱水症に要注意!水分補給に塩を入れるといい理由

行楽シーズンは脱水症に要注意!水分補給に塩を入れるといい理由

夏になると毎年のように熱中症で倒れたり、救急車で病院に運ばれる人がいます。特にここ数年で地球温暖化も進み、夏の暑さも厳しくなっています。

夏は何もしなくても汗をたくさんかきます。汗をかくと喉が渇くので水分補給をしますね。この時水をがぶ飲みしても、すぐにまた喉が渇きさらに水を飲むことになります。

水は体に悪いものではありませんが、摂りすぎると排泄しきれない分が体に影響を与えることもあります。むくみ、水太り、中には水の飲みすぎで水毒症にかかる人もいます。

しかし暑い季節は水分補給も欠かせません。よく水だけでなく塩分も一緒に摂るといいと言われるので、水に塩を入れて飲む人もいますね。塩は水分を出す作用もあるので、一見逆効果のように思えます。なぜ塩を入れるといいと言われるのでしょうか?

水分補給と塩の関係

たくさん汗をかくと体の水分も減りますが、実はこの時水分だけでなく塩分も失われています。汗をなめるとしょっぱく感じるのは、体内の塩分(ミネラル)が含まれているからです。

汗には良い汗と悪い汗があり、良い汗はニオイも味もしません。しかし脱水症状や熱中症の時にかく汗は悪い汗です。この時水分と塩分が同時に失われるので、水をがぶ飲みしても塩分が不足した状態になります。

水分補給をしてもミネラルバランスが崩れているので、水だけでは体に上手く吸収されないので、かえって体に負担をかけてしまいます。脱水症状や熱中症になったとき、もしくは脱水症状や熱中症予防には塩をプラスするといいと言われるのはこういった理由があるからです。

ただし塩分が必要だといっても適量はあるので、塩分の摂り過ぎにならないように注意しましょう。

知っておくと便利な水分補給の仕方

脱水症状や熱中症は、家にいてもなる可能性があります。また夏はキャンプや海水浴、バーベキューなど屋外で過ごすことも多くなりますね。こういう場合もこまめな水分補給は欠かせません。体力のない高齢者や小さい子供は特に注意しましょう。

水分補給をする場合、水に塩を入れたものを持っていくのもいい方法です。目安としては500mlの水に小さじ3分の1の塩です。このままでは少し飲みにくいと感じることもあるので、レモンなどをプラスしてもいいですね。

塩分が含まれることで、飲んだとき水分の吸収力が高まります。また重度の脱水症状の場合は、塩分だけでなく糖分も必要になります。レモンの砂糖漬けやハチミツレモンを一緒に持っていけば安心です。

またスポーツドリンクには、塩分が含まれているのでいちいち塩水を作る手間もかかりません。スポーツドリンクには糖分も含まれていますので、スポーツドリンクを持っていくのもいいでしょう。

スポーツドリンクは、その名のとおりスポーツをするときの水分補給を考えて作られています。これは脱水症状を予防する目的もありますが、スポーツ後にしっかりと水分補給をしておけば、疲労回復効果も高まるからです。

脱水状態は体力の消耗も激しいので、スポーツドリンクで水分補給するのは理にかなっているのです。

持っておくと便利なお手軽アイテム

夏の脱水症状や熱中症対策にあると便利なのが、塩飴です。夏が近づくとコンビニやスーパーのレジの近くに並ぶことも多いので、見つけやすいと思います。塩飴という名前の通り、塩分と糖分が適度に含まれています。急に脱水症状になった場合、塩水やスポーツドリンクを用意できないこともありますね。

こういう時には塩飴を口に含み、少しずつ水を飲めば水だけでも効率よく水分補給ができます。

塩飴もいろいろな味があるので、お気に入りを見つけ常に持ち歩いていれば、急な脱水症状や熱中症にも対処できます。また普段から予防のために、屋外で過ごしたり蒸し暑い時には、塩飴をなめておくのもいい方法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る