TOP > > 風邪だけじゃない!こたつで寝る癖のある人は冬場の脱水症状に注意

風邪だけじゃない!こたつで寝る癖のある人は冬場の脱水症状に注意

冬のこたつ寝は危険

よくこたつで寝ると風邪を引くと言われたことはないでしょうか?冬のこたつはとても気持ちがよく、つい、もぐってうたた寝をしてしまいがちです。実はこの風邪を引くからこたつで寝てはいけないというのは、あながち嘘ではないのです。

こたつで寝ると、体温以上の温度でジワジワと体を温められて、全身が脱水症状を起こしてしまいます。乾燥した体にはウイルスがとりつきやすく、喉の粘膜にあっと言う間に風邪のウイルスが増殖してしまいます。

こたつで寝ると、起きた時に猛烈に喉の渇きを訴えることがあります。これはまさしく体から水分が失われてしまった証拠です。夏場の脱水症状と同じようなことが、冬場のこたつで起こるのです。

本当に怖いのは、このこたつでの脱水症状です。実際にこたつで寝て具合を悪くして、そのまま入院になった人もいるくらいです。

他にもこんな症状が起こる

体からジワジワと失われた水分のせいで、血液がドロドロになっていきます。ドロドロになった血液は血栓ができやすくなり、これがそのまま脳の血管に詰まれば「脳血栓」となり、心臓の血管に詰まれば「心筋梗塞」となります。

同じように体から失われた水分のせいで、便秘にもなりやすくなります。これは無くなってしまった水分を体が補おうとして、結果的に腸に回る水分が不足してしまうからなのだそうです。

そして意外に多いのが、腰をやられてしまったという人たちです。やはり布団で寝るのとは違い、不自然な格好で寝ているためだと思われます。

こたつで失われた水分のせいで、こんなにも病気へのリスクが高くなってしまうのです。

こたつで寝る癖のある人は要注意

冬になるとこたつで寝てしまう癖のある人は要注意です。もしうっかり寝てしまって、起きた時に脱水症状がひどかったら、すぐにスポーツドリンクを飲んで水分を補給しましょう。そして寝る時はちゃんと布団の上で寝ることです。

また、特にお年寄りや小さな子どもはこたつで寝させないことが大切です。お年寄りや小さな子どもがこたつで寝ると、脱水症状から死に至る危険があることを充分に認識しておくようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る