TOP > > 冬の脱水症状で頭痛が起こる!「かくれ脱水」の予防策

冬の脱水症状で頭痛が起こる!「かくれ脱水」の予防策

脱水症状と言えば夏のイメージですが、実は冬だって起こりやすいのです。汗をかくわけでもないのに脱水が起きるのはなぜでしょう?

冬の空気はバリバリの乾燥タイプ

日本の夏は湿度の高さで有名です。しかしひとたび冬になると、嘘のように空気が乾燥してしまいます。これは冬に訪れる季節風が、日本海側で水分を雨や雪として降らせ、乾燥した空気だけを送り込んでくるからです。

しかも部屋の中の暖房は今やエアコンが主流です。昔はストーブを使い、上にやかんを置いて湯を沸かしていたので適度な湿気がありましたが、エアコンではそうはいきません。それで、室内外どこへ行っても空気が乾燥している状態になりがちです。

冬の脱水の注意点

夏の注意点がそのまま使えるわけではないのが冬の脱水の怖いところです。どのように違うのか比較してみましょう。

汗をかかないので気付きにくい

夏の脱水は汗の量も判別のポイントなので比較的気付きやすいのですが、冬の脱水は汗をかかないままジワジワと体の水分が蒸発するため、気付くきっかけがありません。

屋内で過ごす時ほど要注意

夏に注意が必要なのは主に屋外での活動や暑すぎる部屋の中ですが、冬は逆です。

寒いので体を温めようとしてコタツに入ったり、窓際で日差しを浴びたりするのは心地良いひとときですが、体が温まると乾燥も同時に始まりますので、屋内で温まる時ほど注意が必要になります。

保温下着などで体温を上げ過ぎた時にも起こる

速乾速熱といった、汗がすぐ乾いて体温を保つ冬用の下着は便利なものですが、快適に乾いてしまうために、汗で濡れたことを忘れてしまいがちになるという盲点があります。夏は体に汗をかくと水分が欲しくなりますが、冬は喉が乾くまで水を飲まない人も多いため、汗をかくほどに水分が不足するばかりです。

体温を高めに保つと、それだけ体内の水分も使われやすいので、このような下着をつけている時には意識して水分を摂るようにしましょう。

かくれ脱水で引き起こされる症状とは

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • しびれ
  • 発熱
  • 下痢

これらは軽いものから立てなくなるほどのものまで差がありますが、原因が特になくてもこれらの自覚症状が出た時にはかくれ脱水を疑いましょう。

重度な症状では

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞

このような命に関わる病気に繋がる場合もあります。なんとなく乾いているなと思う感じを見過ごさないように、普段から気をつけましょう。

かくれ脱水を防ごう

こまめに水分を摂る、という一言につきますが、喉が乾くのを待っているのでは補給が間に合わない場合があります。3度の食事やコーヒーブレイクの合間に1度、必ず水分を摂るように気をつけましょう。

水分も、飲み物ならなんでも良いわけではありません。利尿作用が強い日本茶やコーヒー、紅茶など、カフェインが含まれるものでは水分がオシッコとして出てしまいますから、カフェインの含まれていないものやスポーツドリンクなどがオススメです。

冬のウイルスは乾燥した空気が大好きです。体が乾燥すると当然体内にも入り込みやすくなるので、しっかりと水分を摂って、寒い冬を元気で乗り越えましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る