TOP > > 寒い冬にも脱水症対策!知らないうちに水分は奪われています

寒い冬にも脱水症対策!知らないうちに水分は奪われています

暑い夏には熱中症の心配で脱水を警戒していた方も、冬になるとあまり水分を摂っていないのではないでしょうか。夏は汗をかくため、自然と脱水にも意識が向きます。しかし実は汗をかかない冬にも、気付かないうちに皮膚や呼気から水分は失われていっているのです。

冬は乾燥している

冬は乾燥しています。体にとっては湿度50〜60%が快適ですが、冬はそれ以下になってしまっています。乾燥すると皮膚がカサカサしてきますが、これは水分が失われていっているからです。皮膚からだけでなく、呼気などから失われる水分も増えています。

しかも冬の室内は、暖房器具の影響で屋外よりも乾燥しています。加湿器を使われている方も多いかと思いますが、加湿器の水が思った以上の勢いでなくなっていて、驚かれたことはありませんか。

最近の住宅は昔に比べて気密性が上がったおかげで、暖房の熱は逃げにくくなりましたが、外の空気は入りにくくなったため室内は余計に乾燥しやすくなりました。湿度コントロールに一役買っていた畳のある部屋も減ってきています。

冬は水分を摂らない

汗をかく夏は脱水しないようにと心がけて水分を摂っていた方も、冬はあまり気にしていないのではないでしょうか。寒くてあまり喉が渇かないうえに、冷えてしまいそうで飲むのをためらうこともあります。特に高齢者はトイレが近くなるのが心配で水分を控えてしまいがちです。

寒い冬でも気が付かないうちに体から水分は失われていっています。その分を補給していかなくては脱水状態になってしまいます。

冬の脱水って?

冬、気付かないうちに体から水分が失われていくと、血液は少しずつドロドロになっていきます。血液がドロドロになっていくと血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

夜中のトイレが心配で寝る前の水分を控えてしまうと、寝ている間に水分が失われて血液はドロドロになり、朝方に脳梗塞や心筋梗塞が起きやすくなってしまうのです。

また、冬は寒いので電気毛布をつけたまま寝てしまう方もいると思います。睡眠中にも人は意外とたくさん汗をかいているということをご存知の方は多いと思いますが、電気毛布などを使っているとそれ以上に汗をかいてしまい、多量の水分が失われてしまいます。それによって血栓のリスクも高まります。

ご高齢の方や血栓の薬を飲まれている方は特に気を付けてください。ただ寒い中で我慢して寝るなど、無理はしないでください。寝る時間まで電気毛布を使って布団の中を温めておく分にはよいと思います。寝る前にはコップ1杯の水分も摂るようにしましょう。

お酒を飲んで帰って来て、水も飲まずに電気毛布で寝てしまうというのも危ないです。お酒には利尿効果があります。お酒と電気毛布で脱水が進んでしまうので注意してください。

以前は、冬になると寒くて血管が縮み血圧も上がるため脳梗塞や心筋梗塞が増えると思われていましたが、最近は、脱水によって気付かないうちに血液がドロドロになってしまっている影響もあるのではないかと考えられています。

冬の脱水を起こさないために

冬は喉の渇きがなくても水分補給を心がけるようにしておきましょう。特に朝起きた時、入浴前後、夜寝る前、そして食事から時間があいてしまった時などは水分を摂りましょう。

仕事で集中しているときにも、水分を摂ることを忘れがちです。気分転換の意味もこめて、水分補給しておきましょう。

ただしコーヒーやお茶では利尿作用もあります。カフェインは気分転換にはベストですが脱水予防には逆効果になることも覚えておいてください。少量ならよいと思います。冬には温かい麦茶や白湯などで水分補給するとよいでしょう。

夏は汗をかいて電解質が失われるため、水だけでなく電解質も補うようにと言われましたが、冬は電解質はあまり失われないため水の補給だけで大丈夫です。

風邪や胃腸炎などで熱、下痢、嘔吐などある時には電解質も失われています。その時には水だけではなく電解質も摂ってください。

その他、部屋の湿度にも気を配ってみてください。適度な湿度は脱水対策だけでなく、風邪予防やお肌のためにも役立ちます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る