TOP > > デスクワークは冬場の脱水症原因?!2時間以上座る女性は要注意!

デスクワークは冬場の脱水症原因?!2時間以上座る女性は要注意!

貴方は、一日何時間のデスクワークをこなしていますか?2時間以上連続してデスクワークを続けているようでしたら、意外な危険性があることを知って欲しいと思います。

部屋の乾燥対策

秋から冬にかけては、空気の乾燥が気になりますよね。何か乾燥対策は行っていますか?乾燥対策の代表格である加湿器は、大変便利で効果も高いのですが、カビの繁殖が進む事もありますので使用法には注意が必要になってきます。

最適な湿度は、40%から70%ぐらいだと言われていますので、インフルエンザの予防の意味も合わせて湿度には気を使いたいところですね。ところで、部屋の湿度と同様に、自分の体内の乾燥にも気を配る必要があることを意識していますか?

夏場は「熱中症」予防のために、意識して水分の補給をされていたと思いますが、寒くなってくるこの時期はどうでしょうか?意識して水分の補給を行っていますか?

特に、デスクワークを何時間も続ける女性は、知らないうちに「脱水状態」に陥ってしまう可能性があることを、意識して欲しいと思います。

長時間のデスクワークがもたらすリスク

エコノミークラス症候群という言葉を聞いた事があると思いますが、なんと長時間のデスクワークには、これと似たような症状が発症してしまう危険性があるというのです。

下半身への血流の流れが阻害されて静脈環境が悪化する事により、脚に「むくみ」が生じてきてしまいます。それが、頭痛や肩こりへと繋がり、さらに全身の不調へと繋がりかねないのです。

そして怖いのが、知らないうちに起きている「脱水症状」です。人の身体は、60%が水分だと言われています。この大切な水分は、何もしなくても、ただ座っているだけでも蒸発していきます。

部屋が乾燥気味だと、さらに追い討ちがかかります。2時間を超えるデスクワークの間に、何の水分も補給しなければ確実に身体は乾燥、つまり「脱水症状」を起こしていると考えていいのです。

リスクを防ぐために

最低でも、1日1.5Lは水分補給しましょう。覚えておいて欲しい事は、喉の渇きを覚えた時には既に軽い「脱水症状」になっている。ということ。渇きを覚える前に、水分の補給をする事がとても重要です。

ミネラルウオーターやお茶で水分補給をされる人が多いかと思いますが、やはり夏場と同様イオン飲料と言われるスポーツ飲料がオススメです。逆に、コーヒーには利尿作用がありますので、ほどほどにしておいた方が良さそうです。

冷たい飲み物よりは、常温の飲み物の方が体には優しいようです。そういえば、ミネラルウオーターも常温での摂取が良い。と聞いた覚えがあります。ただ、いずれにしても糖分の過剰摂取だけは注意しないといけません。

仕事の都合上、頻繁に立ち上がれない場合は、周りに迷惑をかけない程度に足を動かしましょう。片方ずつでも構わないので、動かすことが、静脈環境を改善するポイントになりますので、「むくみ」が気になっている方は、是非試してみてください。

水分補給の大切さは、夏場だけではないことを意識してくださいね。お肌の「乾燥対策」としても効果がありますので、是非 1日最低1.5Lの水分補給を続けてくださいませ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る