TOP > > 重金属や食べ物で有害ミネラルが蓄積!予防法とデトックス法

重金属や食べ物で有害ミネラルが蓄積!予防法とデトックス法

健康的な食事を摂る女性

検査をしてもどこも悪くないのに、体の調子が冴えない…このような不調が起こっている時は体内に有害ミネラル(重金属)が溜まっている可能性があります。有害ミネラルは、私達の知らない間に少しずつ体内に取り込まれ蓄積されているのです。

なぜ有害ミネラルが体内に取り込まれてしまうのか、どうすれば有害ミネラルの健康被害から身を守ることができるのか、有害ミネラルについて知識をおさらいしておきましょう。

身近にあふれる有害ミネラル!どんな影響があるの?

私達の体は、生命を維持するためにミネラル(無機質)が必要です。体に必要なミネラルは「必須ミネラル」と呼ばれます。一方、同じミネラルでも私達の身の周りに存在する重金属の中には体に取り込むと有害になる物もあります。

これらの有害ミネラルは主に工業製品に用いられており、私達が普段使っているさまざまな日用品に含まれていることも多いです。

私達が有害ミネラルを体内に取り込むきっかけは

  • 重金属の含まれる日用品や設備との接触
  • 食品
  • 汚染された空気(排気ガスなど)
  • 水道水

などがあります。

「食品に有害ミネラルが含まれているなんて怖いな」と思いますよね。排気ガスや工場排水に汚染された土壌や海水から収穫した農産物・海産物にも微量ながら有害ミネラルが含まれてしまうのです。

食品や日用品を介して危害を招く恐れのある重金属には次のような物質があります。

重金属 主な汚染源 急性毒性 慢性毒性
カドミウム(Cd) 工場からの排水・排煙

喫煙
嘔吐
腹痛
腎臓障害
骨粗しょう症
骨軟化症
水銀(Hg) 魚介類
歯の詰め物
中枢神経症状
(メチル水銀)
腎臓障害
(無機水銀)
運動失調
慢性疲労
抑うつ
鉛(Pb) 鉛管
染料
殺虫剤
喫煙
嘔吐
腹痛
貧血
脳症
ヒ素(As) 海産物
農産物
地殻中
(かつては殺鼠剤)
嘔吐
下痢
がん
皮膚の色素沈着
アルミニウム(Al) ミョウバン
アルミ器具
神経障害 貧血
パーキンソン病
アルツハイマー病
ベリリウム(Be) 半導体
石炭
化学性肺炎
体重減少

短時間で大量の重金属に曝露すると、急性毒性による中毒症状を引き起こします。通常の日常生活において大量の重金属に曝露する機会はほとんどありませんが、有害な重金属を扱う工業分野では、職業上の曝露に注意が必要です。

また少量ずつでも長期間にわたって重金属を体内に取り込み続けると、慢性毒性による症状に苦しめられることになります。

過去にはカドミウム汚染地域で「イタイイタイ病」、メチル水銀の含まれる工場排水を河川に流した地域で「水俣病」といった公害病が発生し、大きな社会問題となりました。

その症状は有害ミネラルが原因?有害ミネラルの蓄積チェック

体に有害ミネラルが蓄積すると、検査しても病名がみつからないまま体調不良の続くことがあります。次に挙げる項目が多く該当する人は、体に有害ミネラルが蓄積しているのかもしれません。

生活習慣 症状
  • 喫煙する
  • ストレスが多い
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 水道水を飲んでいる
  • 歯に金属の詰め物をしている
  • 魚をよく食べる
  • 野菜をあまり食べない
  • お酒をよく飲む
  • あまり汗をかかない
  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 肌荒れがひどくなる
  • 気分が沈みやすい
  • イライラしやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 便秘・下痢をしやすい
  • 頭が重い
  • 肌荒れがひどくなる
  • 筋肉や関節が痛む
  • アレルギー症状が出やすくなる
  • 体重が増えてきた

有害ミネラルの蓄積を放置しておくと漠然とした体調不良が続くほか、生活習慣病やがん、不妊、子どもの情緒障害などを引き起こすようになるともいわれます。

体に有害ミネラルが蓄積しているかどうかは、採取した毛髪や尿を検査して分析することで確認することができます。

関心のある方は、ミネラル検査を行なっている医療機関で検査を受けてみると良いでしょう。予防医学検査の専門機関では、毛髪または爪を切り取って検査キットと一緒に郵送するだけでミネラル検査が受けられるサービスも行なっています。

有害ミネラルが蓄積されるのを防ぐには

有害ミネラルは、大気中、食品、日用品や身の周りの設備にごく微量ずつ幅広く含まれているため、完全に有害ミネラルを遮断することは困難です。

農産物や海産物にはカドミウムや水銀などが微量に含まれますが、食品衛生法では食品中に含まれる汚染物質の濃度は規格基準が制定され、重金属の含有量が基準を下回る食品しか流通されていないので、神経質に避ける必要はありません。

そもそも私達の体には毒素を排出するデトックス機能が備わっているので、少量の有害ミネラルなら取り込まれても排出され、それほど蓄積されることはありません。

しかしカドミウム・鉛・ヒ素を含む煙草と、水銀濃度が高い一部の魚介類には注意してください。

煙草に含まれる複数の有害ミネラルに注意

喫煙が健康に良くないことは言うまでもなく、有害ミネラルも複数含まれているため喫煙は控えることをおすすめします。

たばこの煙の中には何千もの煙成分が含まれていることが確認されています。

ニコチンや一酸化炭素に加え、公衆衛生当局はこのうち約70の煙成分を、喫煙関連疾病の原因となると思われるものとして分類しています。

これらの成分には、ヒ素、ベンゼン、ベンゾピレン、重金属(鉛やカドミウムなど)、シアン化水素、たばこ特異的ニトロソアミンなどがあります。

喫煙者は、非喫煙者より血中の有害ミネラル濃度が高いことも確認されています。

カドミニウムの場合で1日に20本喫煙した場合には、煙草から1日あたり1~2μgのカドミウムを摂取してしまう計算となります。これは平均的な1日のカドミニウム摂取量の約5~10%に相当する量です。

またカドミウムと鉛は発がん性も示唆されており、特に副流煙に多く含まれていることが分かっているので、喫煙者だけなく周囲にいる非喫煙者にまで有害なミネラルを吸わせていることになってしまいます。

妊婦は注意したい魚介類の水銀

水銀は、食物連鎖を通して海洋に生息する魚介類の体内に取り込まれます。

一部の魚介類で水銀濃度が高くなっており、水銀が胎児の中枢神経の成長に影響を与える可能性が示唆されているため、農林水産省からは妊婦が水銀濃度の高い魚介類を食べ過ぎないようにすることが勧告されています。

特に水銀濃度が高く妊婦が摂取を控えたほうが良いのはバンドウイルカとコビレゴンドウ、私達の食卓でなじみの深い魚介類では、マグロやタイなども水銀濃度がやや高くなっています。

妊婦が注意すべき魚介類の種類とその摂食量(筋肉)の目安

摂取量の目安 魚介類
1回約80gとして妊婦は週に2回まで
(1週間当たり160g程度)
キンメダイ
メカジキ
クロマグロ
メバチマグロ
エッチュウバイガイ
ツチクジラ
マッコウクジラ
1回約80gとして妊婦は週に1回まで
(1週間当たり80g程度)
キダイ
マカジキ
ユメカサゴ
ミナミマグロ
ヨシキリザメ
イシイルカ
クロムツ
通常の摂食で問題ない キハダマグロ
ビンナガマグロ
メジマグロ
ツナ缶

(薬事・食品衛生審議会・乳肉水産食品部会「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」より)

寿司1貫・刺身1切れは約15g、切り身一切れは約80gです。妊婦は1週間に食べる魚介類の量を調節し、水銀濃度の高い魚介類を食べ過ぎたら、翌週は食べるのを控えるなどの配慮を取ると良いでしょう。

魚介類に含まれる水銀は、加熱調理などで減少させることができません。妊婦が魚の栄養を補給したい場合には、水銀濃度が低いほかの魚介類を食べると安心でしょう。

乳幼児は通常通りに摂取して良いですよ。

また、魚介類は胎児の成長に欠かせないたんぱく質や悪玉コレステロールを抑制するDHA・EPAなどが豊富に含まれているので、妊婦さんも全く食べないようにするのはかえって健康に良くないと考えてくださいね。

水道水・歯の詰め物にも有害ミネラルが

そのほか、微量ですが鉛管を使った水道管からは微量に鉛を含む水道水が出たり、歯の詰め物から水銀が溶け出し、体内に取り込まれる可能性もあります。

有害ミネラルの害が気になる方は、ろ過水や市販のミネラルウォーターを飲んだり、歯科で歯の詰め物を無害な素材に変えてもらったりと、有害ミネラルへの接触を減らす工夫をすると良いでしょう。

積極的にデトックスを促進させよう!必要な栄養素と食品

私達の体にはデトックス機能が備わっているといっても、生活習慣や食生活を規則正しくしないと、デトックス機能が低下して体に毒素が蓄積されやすくなってしまいます。

基本的なことですが、規則正しい生活習慣、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠はしっかり心がけるようにしましょう。その上で、さらにデトックス効果を高める方法を実践すると、有害ミネラルが排出されやすくなります。

必須ミネラルで有害ミネラルを排出

必須ミネラルの中には、有害ミネラルに対抗するものがあります。これらの必須ミネラルを摂取すると有害ミネラルの排出を促進させることができます。

栄養素 食品 有害ミネラル
カルシウム 乳製品・小魚・小松菜
亜鉛 牡蠣・牛肉・レバー・ごま 鉛・水銀・カドミニウム
レバー・あさり・卵黄 鉛・水銀・カドミニウム
マグネシウム しらす干し・あさり・納豆 アルミニウム
セレン 海藻類・ナッツ類・しらす干し 水銀
ヒ素
ベリリウム

毒素の解毒と排出を促進させる栄養素を摂取

私達が食品から取り込んでいる栄養素の中には、毒素の解毒と排出を促進させる栄養素があります。有害ミネラルに対抗する必須ミネラルと合わせて食事から取り込むようにしましょう。

栄養素が有害ミネラルにはたらきかける作用で注目したいのは、有害ミネラルを分解されやすくする「キレート効果」と肝臓の解毒機能を向上させる効果です。

栄養素 作用 食品
ビタミンC キレート効果 かんきつ類
いちご
キウイフルーツ
パプリカ
ビタミンE 解毒機能の向上 植物油
ナッツ類
アボカド
かぼちゃ
ビタミンD 解毒機能の向上 しらす干し
サーモン

きのこ類
食物繊維 腸で有害ミネラルを吸着・排出 あずき
おから
納豆
ごぼう
さつまいも
葉緑素
(クロロフィル)
腸で有害ミネラルを吸着・排出 ほうれんそう
小松菜
緑茶
クロレラ
フィチン酸 キレート効果 玄米
ごま
とうもろこし
小麦
含硫アミノ酸 キレート効果 乳製品
ナッツ類
しらす干し

このように、有害ミネラルのデトックスに効果的な食品はたくさん存在しています。どちらかというと野菜・豆類・果物・穀類といった植物性食品にデトックス効果が期待されるので、植物性食品をしっかり献立に取り込むことをおすすめします。

野菜不足の人が多くなっていますが、デトックスに必要なビタミン・ミネラル・食物繊維が不足して有害ミネラルが蓄積されやすくなるので、野菜は1日の摂取量として推奨される350g(小鉢5皿分)を食べるようにしましょう。

汗・尿・便と一緒に有害ミネラルをどんどん出す

基本的にデトックスとは、汗・尿・便などの排泄物と一緒に毒素を排出することにあたります。(髪・爪にもわずかに毒素が含まれ排出されていきます。)

汗をたくさんかいたり、尿や便を溜めずにこまめに出すようにすると有害ミネラルの蓄積を防ぐことができます。

運動をしたり湯船にゆっくり浸かったりして発汗量を増やしましょう。また水分をこまめに補給して尿量を増やしたり、便通を促進させたりして排泄物を体内に長く溜めないようにします。

もっと有害ミネラルのデトックスを意識しよう

アレルギーや心の不調に悩む人が増えている理由にも有害ミネラルの蓄積が影響していると言われています。

普段はあまり意識することのない有害ミネラルの存在ですが、デトックスの方法はそれほど難しくないものばかりなので、是非有害ミネラルのデトックスを日常の習慣にして本来あるべきスッキリした体を手に入れていただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る