TOP > > 統合失調症、アスペルガー症候群、多動症、自閉症、違いは何?

統合失調症、アスペルガー症候群、多動症、自閉症、違いは何?

こころの病気なのか先天性の脳障害であるのか?

多くの親は子供の様子が他の子と違う場合、知的障害があるのかと心配された経験がある方もおられると思います。表題に上げている病名はどれも障害がある子供として診断されてしまいます。

しかし病気によっては親や周りの接し方で進行度合いを小さくすることも可能です。まずは1つ1つの病気について見ていきましょう。

多動症候群

先天性疾患です。とにかく動き回ることが異常に多く、じっとしていられません。また顔を見て話そうとすると目を絶対に合わせないこともあります。(中には目を合わせる子供もいます。)その為、自閉症と勘違いしてしまいます。また話し出すのがとても遅くなることが多いです。

なかなかママ、パパ、を言ってもらえずに不安になる親御さんもいらっしゃいます。お友達と上手く接することができれば普通に過ごすこともできます。普通の学校に入れるか、それとも障害児の学校に入れるかは親御さんの考えによっても変わってきます。

しかし学習障害が出る子もいれば、そうでなく普通に学習能力をつけていくことができる子もいます。逆に個性と捉えて良い様に周囲の配慮でその後が大きく変わってきます。何故なら高学年になると多動性が落ち着いてくるからです。

これは本人も自覚しだす様になってきます。また特徴としては興味のあることにはとことん集中していくこともあり、芸術家肌タイプと考えて成長を見守る方が伸び伸びとした人間形成ができます。

自閉症

先天性の疾患です。脳の神経伝達物質に障害をきたす病気で、人とのコミュニケーション能力に欠けてしまいます。この病気は100人いれば100通りの症状があるといっても過言ではありません。

親に対してもコミュニケーションが取れないこともあれば、逆にとても人懐っこい行動をとる子供、話すことができる子供、または逆に話せない子供、と多種多様です。また話せるといってもこちらの言うことは通じていません。理解ができないのです。

そのため、人とのコミュニケーションができず、大人になっても急に大きな声で叫びだしたり、同じ行動をずっと続けたりという行動をとります。周囲の人達の理解が無い為に本人がパニックを起こしてしまうこともあります。知的障害が出る子供もいれば出ない子供もいます。

出ない子供は普通の学校に進学して勉強もできる様になり、成人しても上手く自分に合った働き方を見つけては働いている人もいます。最近のイギリスの論文でMRIでの早期発見が可能になることが高くなりました。

現在の日本では診断されるのは4歳から5歳ですが、親御さんはもっと小さいときから気づかれます。しかしこれからはもっと早期に発見できることで子供たちの未来が大きく変わる可能性は多大にあります。

途中から自閉症になったなどと書かれてあることもありますが、それは間違いです。そんなことは一切ありません。

アスペルガー症候群

この病気は自閉症の一種です。ですので自閉症とよく似た特徴が現れます。人付き合いの特徴として同年齢の子供とは遊ばないという特徴があります。一人遊びか誰かリーダー的な存在の子供についてまわるか、逆に年下の子供と同レベルで遊ぶことが特徴です。

またこれは自閉症の方にも当てはまりますが、正直すぎるくらい正直ですので周囲から誤解をうけてしまいます。

統合失調症

この疾患は先天的なものもあれば途中から発症することもあります。成人してからも発症する例もあります。原因は遺伝や環境因子が重なって発症すると言われています、症状は幻覚、幻聴、妄想などが出現します。

薬があるので薬とリハビリでかなりの確率で改善される患者さんも多いです。しかし薬を止めてしまうと再発してしまうので薬物治療は必須となります。幻覚、幻聴の為に自身の考えがまとめることができなくなり行動もチグハグな行動をとってしまいます。

生活でのストレスが引き金で発症してしまう成人も少なくありません。

一番大切なことはご家族の理解と周囲への理解を促すことです

どの病気もそうですが、周囲の理解がまず一番大切になってきます。親御さんにとっては大変なことですが、決してご自身達だけで悩まずに同じ病気を持つ患者会などに積極的に入って悩みなどを共有することです。まずは親御さんが安心感を得ることがとても大切です。

なぜなら子供たちのこの症状は、子供たちの苦しさの訴えでもあるからです。そのためには多くの患者さん達や親御さん達と接して子供に対する理解を深めることです。

そして読者の皆さんにも理解していただきたいのが、このような疾患に対する理解です。中には自閉症の人に対して煩いとどなったりしている人をみかけます。非常に悲しい行為です。このような疾患は子供の頃からの疾患です。

子供はみんな私達にとっては無限の可能性がある宝物です。子供たちの将来を左右するのは周囲の大人達なのです。それを十分に理解していただきたいと思っています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る