TOP > > 夏の「エアコン疲れ」を取って冬を元気に過ごすコツ

夏の「エアコン疲れ」を取って冬を元気に過ごすコツ

夏の厳しい暑さを乗り越えて、やっと涼しい風が吹き始めた・・・とホッとしたのもつかの間、その途端に風邪を引いたり、どうも今ひとつ体調がスッキリしなかったりする時はありませんか?もしかしたらそれは夏に浴び過ぎたエアコンのせいで体が疲れたままなのかもしれません。

疲れを引きずったままで冬を迎えると辛さが長引くばかりです。寒くなる前にしっかり調子を戻して、快適に冬を過ごしましょう。

「エアコン疲れ」とは何か

女性はもともと冷えやすい体質を持つ人が多く、夏でもキンキンに冷えた部屋では色々な冷え対策をしている人もいるでしょう。しかしどうも最近、体温が高いはずの男性や子供までもが冷えから来る不調やだるさを訴えるケースが増えているようです。

エアコンの温度設定は、節電するようになってから少し高めの指針が出ましたが、ちょっと困ったことに、男性は寒いくらいに冷やしてやっと「涼しい」「エアコンが効いている」と思う人が多く、ついつい低めに設定してしまう場合がたくさんあります。

これはもともとの体温が高いのが原因ですが、暑がりの人は肌感覚でエアコンの温度を設定しないように気をつけないといけませんね。

本来、肌が冷えるのは秋から春先にかけての季節なので、体は反射的に体温を逃すまいとします。そして、部屋を冷やしすぎると体の芯まで冷えきってしまいます。

この状態で高い気温の中にいきなり出たらどうなるでしょう?

体の中と外との温度差のギャップと、本当なら汗をかいたりして熱を外に出す動きをしないとならないのに、体は体温を溜め込もうとして血管を収縮させている。こうなると汗もすぐには出て来ません。

こういったアンバランスな体の働きがストレスとなって、知らず知らずのうちに疲れを溜め込んでしまうのです。

しかも毎日こんなアンバランスな体の働きが続くと、自律神経が参ってしまって体力や免疫力まで低下しかねません。ちょっと涼しい風が吹く季節になってすぐに風邪を引くのは、こういった流れで起こってしまうわけです。これが「エアコン疲れ」の症状です。

夏のうちからエアコン疲れを予防する!

簡単なことですが、予防のためにはエアコンの設定温度を高めに決めておくことです。外気温マイナス2℃、など、具体的に決めて、それで暑い時には扇風機を併用するなどすれば、不快感はかなり軽くなります。

とは言っても、職場やお店など、出先では自分の希望通りの設定温度にすることはまず無理ですから、常に軽くはおれるものを一枚持って外出するのが手っ取り早い予防策です。人の体は首、手首、足首を温めると全身の温度も上がって来ますので、首まわりに風が入るのを防ぐだけでもずいぶん違います。

男性の場合はスカーフ・・・というわけにはいかないでしょうから、エアコンが効いた場所へ行く時には襟のついたシャツやポロシャツを着ておくと良いでしょう。元の体温が高い人はこれだけでも効果的です。

それでもエアコン疲れが出てしまったら

頑張って予防しても、エアコンのない建物や乗り物はもう日本にはないのかも、というほどの環境です。どうしても防げない場合もあるでしょう。秋口になって、エアコン疲れが出たなと思った時にはすぐに対策を取りましょう。

お腹の中から温める

夏の野菜や果物には、食べると体温を下げる効果があるものがたくさんあります。まず夏が旬のものを控え、秋~冬に実るものを中心に食事を考えましょう。しょうがは年中ありますが、これは体を温めるのに最適の食べ物ですから大いに活用すると良いですね。

毎日、少しずつ運動をする

通勤や外出の行き帰りにひとつかふたつ手前の駅で降りて歩いたり走ったりする人がいますが、これはとても良い習慣ですね。毎日続けられて、自分の体力にも見合っている、そういう適度な運動を繰り返すことで、血流も良くなって冷えを追い出すことができます。テレビ番組の簡単な体操をするのでも良いですね。

シャワーではなくお湯を張ってゆっくりと入浴する

体の冷えを取ってくれる心強い味方が、お風呂です。夏の間はシャワーの方が好きという人も多いかもしれませんが、朝晩が少し涼しくなって来たらぬるめのお湯にゆっくり浸かって、全身を温めましょう。

体温が下がることが冷えを、ひいては疲れを招きます。それを防ぐには常に体を冷やさないこと、温めることです。体が芯から温まっていれば、冬の寒さにも負けずに快適に過ごすことができます。

寒さが苦手な人にこそオススメしたいエアコン疲れの解消法。今日からでもトライしてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る