TOP > > 目の下のクマが消えない!!クマのメカニズムと対処法

目の下のクマが消えない!!クマのメカニズムと対処法

体調が悪かったり、一時的に目の下にクマができる事はありますが、それはごく正常な状態として考え、問題なのはクマが慢性的に目の下に定着してしまっていることです。

目の下にクマがあるだけで凄く不健康そうに見えるだけでなく、人相や印象を悪くしたり、老けて見られたりしてしまいます。目の下のクマがなぜできて、どのようにして消していけば良いのかを考えていきましょう。

目の周辺の皮膚は0.5ミリ程度しかない

目の下の皮膚は1ミリにも見たない薄い皮のみでできていて、そのすぐ下には毛細血管が張り巡らされています。そのため、体調の変化によって血行が悪くなったり、血液がサラサラ出なくなると、まずは真っ先にこの薄い皮膚の部分に影響が表れ始めます。

1ミリにも見たない皮膚ですから、当然その下に通っている毛細血管が透けて見えてしまうわけです。血行が悪くて細くなってしまった毛細血管や、そこに流れる血液の状態が見て取れるわけです。

色素沈着により慢性的なクマに

クマは誰でも体調によってできる事がありますが、たいていの場合は気にしなくても寝れば治るでしょう。しかし、慢性的に定着してしまっている人の場合はそうはいきません。

目のクマは加齢とともに出てくるというものではなく、早い人であれば小学生くらいの事から既にクマが目の下に定着している場合があります。

長期的にその部位にクマがあり続ける事により、体内のメラノサイトで生成されるメラニン色素によって、その色がより色濃く定着してしまう事が原因です。

これは、シミやそばかすの原因とほぼ同じですが、通常は新陳代謝によって皮膚や細胞が新しいものに入れ替われば目立たなくなるのですが、血行が悪かったり栄養素が行き届かない事によって、新陳代謝が遅れメラニン色素がそこに定着してしまうと、簡単には消す事ができなくなってしまうのです。

ホットタオルやマッサージなどの応急処置

クマができた時には、できる素早く対処してその部位に色素が定着しないようにする必要があります。目や目の回りにホットタオルを当てて血行を良くするというような応急処置も案外効果があります。

ホットタオルの作り方は、タオルを水に浸してレンジでチンするだけでもできますし、ポットのお湯をお椀にその都度入れて、タオルを浸すと言う方法もあります。近年では、100円均一でレンジで繰り返し使えるものも売られていますのでおすすめです。

目の周りを優しく薬指や小指などでマッサージすると言う方法も続ける事によって効果があります。しかし、先に説明してきたとおり目の下の皮膚は1ミリにも見たない薄い皮膚でデリケートですから、あくまでも優しく弱くマッサージする事が大切です。

目尻から上まぶたを通って目頭まで指を流し、そこから下瞼を通って目尻に再び戻って、そのまま指を離さずにこめかみあたりまで指を持っていき、そこから真下に下ろして首から肩にかけて指を流す事で、老廃物をリンパに流す事ができますし、他にもマッサージの仕方はたくさんあるようです。

顔のマッサージや各部位のツボを押す

肌が必要以上に白い人も、クマを余計目立たせてしまう結果となるようです。顔の血行が悪くて顔面蒼白状態になっていると良い事はありませんので、適度に運動したり、顔全体のマッサージをして血行を良くするなどで顔色はできるだけ良くしていきたいところです。

また、眼精疲労に効くツボが両手にあるようです。手のひらの小指と薬指の間の骨の付け根あたりや、薬指と中指の間の骨の付け根あたり、人差し指と中指の第3関節あたりに眼精疲労や肩こりに効くツボがありますので、そこを揉み込んだり数秒感押してみる事によって目の疲れが緩和します。

サプリメントでクマを目立たなくさせる

クマに効果的な栄養素は、私たちが日常的によく知られているビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEなどのものや眼精疲労に効果的と言われているブルーベリーなどがありますが、これらの栄養素はサプリメントで効果的に摂取する事ができます。

また、ブルーベリーやワインなどに含まれるアントシアニンには眼精疲労だけでなく、目のクマにも効果的と言われていますので効率的にサプリメントで摂取していくと良いのではないでしょうか?

他にも少々お金をかけてクマを本格的に取り除きたいのであれば、エステに通って施術を受けると言う方法もあります。

近年では男性の美意識が向上してきており、男性専用のエステサロンであるメンズエステも各地に点在していますから、男女問わず背ステの専門家に相談して施術を受けていくと言う方法もあるでしょう。クマをなくしていつまでも若々しく健康的に見られるように頑張りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る